eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

Dota 2メジャー大会『ESL One Los Angeles 2020』、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため開催延期に

『ESL』が、Dota 2メジャー大会『ESL One Los Angeles 2020』の開催延期を発表しました。

『ESL One Los Angeles 2020』が開催延期に

『ESL One Los Angeles 2020』は、「Dota Pro Circuit 2019-2020」のメジャー大会として、プロサーキットポイント15,000、賞金総額100万ドルにてアメリカ・ロサンゼルスの劇場「Shrine Auditorium」で2020年3月15日~22日に開催予定でした。

公式サイトでの発表

Dota 2ファンの皆様へ

昨今の渡航制限や新型コロナウイルスの状況をふまえ、ESL One Los Angeles 2020の開催を延期致します。Dota 2メジャー大会をロサンゼルスで開催することに興奮していましたが、選手、観客、コーチ、出演者、関係者、そしてESLスタッフの安全を最優先とします。ESLは、メジャー大会の新たな開催時期や場所を決定するためにValveと密接に取り組んでいます。

非常に残念ですが、今回の判断がESL One Los Angeles 2020の実施を可能としてくれた全ての皆様にとって最善の結果になると信じています。

会場・プレイガイドと協力し、出来る限り早くチケットの払い戻しに対応致します。チケットをお買い上げ頂いている場合は、近日中にお送りするメールをご確認ください。この度は、皆様に期待にお応えできず申し訳ございません。

詳細は改めてご案内いたします。

大変申し訳ありませんでした。

関連情報

CS:GO『ESL Pro League Season11』、新型コロナウイルス対策としてレギュラーシーズンをオンライン、プレーオフを無観客で実施

CS:GO世界大会『IEM Katowice 2020』プレーオフ、新型コロナウィルス対策として無観客で実施へ

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/