CS:GO『ESL Pro League Season11』、新型コロナウイルス対策としてレギュラーシーズンをオンライン、プレーオフを無観客で実施

『ESL』が、2020年3月16日より開幕となるCS:GOプロリーグ『ESL Pro League Season11』の開催方式変更について発表しました。

ESL Pro League CS:GO Season11

本大会には、24チームが出場。昨今の新型コロナウイルスの対策として、レギュラーシーズンをオンライン、プレーオフをアメリカ・デンバーの多目的アリーナ「1stBank Center」から、ヨーロッパのスタジオに変更し無観客で実施することになりました。

レギュラーシーズンについて、当初はMaltaのスタジオを使用しオフラインで実施する事を予定していましたが、渡航制限や検疫の問題があり、スタッフや選手が現地入りすることが難しくなってしまったとのこと。

このため、選手達は、自宅・ゲーミングマウス・ブートキャンプ施設等からプロリーグ専用のサーバーに接続して試合を行なっていくことになります。

また、ヨーロッパ圏外のチームについては『CSPPA』(Counter-Strikeプロ選手協会)と連携し、ヨーロッパにおけるブートキャンプ施設の提供などを行なうと共に、安全な環境の構築に努めていくとしています。

プレーオフのチケットについては払い戻し対応が行なわれます。

『ESL』は、先日行なわれたCS:GO最高峰の大会『IEM Katowice 2020』も無観客にて実施していました。

関連記事

CS:GO世界大会『IEM Katowice 2020』プレーオフ、新型コロナウィルス対策として無観客で実施へ

情報元

ゲーム紹介