eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

スーパープレー連発、『RAGE VALORANT JAPAN Invitational』準決勝進出は「BAKEMON」「Lag Gaming」「Absolute JUPITER」「野良連合」、6/21(日)15時スタート

日本初となる『VALORANT』公認大会『RAGE VALORANT JAPAN Invitational』のDay1が2020年6月20日(土)に行われ、準決勝に進出する4チームが決定しました。

RAGE VALORANT JAPAN Invitational

本大会には、招待された16チームが出場。大会のフォーマットはシングルエリミネーション方式トーナメントで試合はBest of 1、決勝はBest of 3(2マップ先取制)での進行となります。

優勝チームには、初の公認大会で王者という栄誉と賞金50万円が贈られます。

準決勝進出チーム

  • Japan BAKEMON – rion, zepher, Tonbo, Medusa, Arius
  • Japan Lag Gaming – KuuKai, Flax, sakurai, toru, 2zzy
  • Japan Absolute JUPITER – Laz, crow, barce, takej, Reita, JUNiOR
  • Japan 野良連合 – yasu, 4qu1la, Temple, Yoz, SamuraiD

試合スケジュール

※6/21(日)15:00スタート。以降全試合を順次進行
※準決勝をBest of 3と記載していましたが誤りでした。訂正してお詫び致します。

準決勝 (Best of 1)

  • [1] 15:15~ Japan BAKEMON [vs] Japan Lag Gaming
  • [2] 16:35~Japan Absolute JUPITER [vs] Japan 野良連合

3位決定戦 (Best of 1)

  • 17:55~ [1]敗者 vs [2]敗者

決勝 (Best of 3)

  • 19:15~ [1]勝者 vs [2]勝者

ストリーミング配信

準決勝進出チーム紹介

Japan BAKEMONは、解説のJapan YamatoNさんによると「壁を作ったり飛んだりするタイプのゲームの人たち(Fortnite)」とのこと。
試合を見たところ、Korea Medusa選手のSOVAがオウルドローン、リコンボルトで情報を取るのが非常にうまく対戦相手の配置を丸裸にしていきながら、驚異的なAimや反応を持つ Japan zepher 選手がキルを量産していくという印象を受けました。各個人の能力がとにかく高いのも特徴で、そのプレーから新世代の才能が開花していく様子を見ているという気持ちになりました。

Japan Lag Gamingはこれまでにコミュニティ大会にも出場しており、現在まで無敗という記録を継続しています。CS:GO日本トップクラスのメンバーで構成されているためタクティカルFPSのセオリーを熟知しているほか、『VALORANT』の特徴であるアビリティをかなり有効的に機能させています。その代表的なプレーヤーがVALORANTでさらに存在感を増しているJapan Flax選手。ゾーンに入ると敵が全て倒れるという God Japan KuuKai選手にも注目です。

20190922_Hisashi-Yoshimura_GGC2019_Day1_DSC05223
Flax選手(GALLERIA GLOBAL CHALLENGE 2019より)

Japan Absolute JUPITER はCS:GO日本最強チームの5名がそのまま転向してきた本大会の優勝大本命チームでVALORANTの大会には初登場。すでに他のチームとは明らかに違うレベルでプレーしており、観戦者たちの度肝を抜きました。Laz選手はスモークを抜いてキルを取りまくるとんでもないプレーでのAce(5人抜き)を含むスーパープレーを披露しました。

20190923_Hisashi-Yoshimura_GGC2019_Day1_DSC05900
Laz選手 (GALLERIA GLOBAL CHALLENGE 2019より)

以前インタビューさせて頂いた時Japan takej選手が「スタートダッシュ決めたいですよね。最初の大会で優勝して、試合も13対0で終わってみたいな。その後の大会も勝ち続けて。」と回答してくれていましたが、1回戦13-1、2回戦13-0とまだ1ラウンドしか落としていません。優勝して有言実行なるでしょうか。

takej選手

Japan 野良連合はCS:GO・Overwatch出身のメンバーによる構成で、個人的に以外だったのは、Overwatchでは前線を張るTankのロールで有名なJapan SamuraiD選手がスナイパーライフル・オペレーターを駆使し高速かつ精密な狙撃でキルを次々に獲得していたところ。全く異なるイメージで驚かされました。

Japan yoz選手は仲間が来るまでの時間を稼ぐ、敵のフォーカスを自分側に誘導させるという立ち回りがとにかくすばらしく、チームの勝利にかなりの貢献をしているプレーヤーです。

DSC_0330
Yoz選手(東京ゲームショウ2017 OMEN by HP presents Overwatchドリームマッチより)

Japan yasu選手はCS:GOで培った経験を武器に裏取りや敵の意表をつくプレーで敵を切り裂いていく活躍をみせていました。

また、YamatoNさんは相手のクレジットを削り優位を作っていく野良連合の戦略を絶賛していました。
準決勝までに時間がある方は、下記の配信アーカイブやクリップを是非ともご覧ください。

Day1

Day1配信アーカイブ

クリップ

※プレーヤー埋め込みが多すぎるとエラーになってしまうため、リンクに変更しました

2zzy 1vs3 Clutch
https://clips.twitch.tv/SavageGenerousMomOptimizePrime

バリアオーブ、スロウオーブでローリングサンダー潰し
https://clips.twitch.tv/ElegantPeppyInternBlargNaut

バインドに雷を落とした Kaminari選手 1vs4 Clutch
https://clips.twitch.tv/RamshackleTransparentYogurtThisIsSparta

トキシックスクリーン抜きましたか、いまの / mittiii 3kills
https://clips.twitch.tv/PiercingInnocentSmoothieHeyGirl

「ここ通しますか!」Skeeyy、針の穴を通すリコンボルト
https://clips.twitch.tv/FineSavageSkunkAMPEnergyCherry

YamatoN「SunSister Rapidは教科書になるチームですね」「チームゲームの教科書みたいな動きですね。」
https://clips.twitch.tv/SincerePreciousYakDeIlluminati

なぜか両チームをボードゲームで例えたOooDaさんに対するYamatoNさんの反応「はぁ〜…」「ん〜…」
https://clips.twitch.tv/BigConcernedCobblerDansGame

himajun トリプルキル
https://clips.twitch.tv/SmilingShakingPlumberLitty

OooDa「うおっと抜いたないま〜!」YamatoN「もう見えてから撃つのは遅い時代なんですかね…」
https://clips.twitch.tv/ArborealSuperAlbatrossKeepo

YamatoN「グローバルなオフェンシブを感じる立ち上がりですね…」
https://clips.twitch.tv/AttractiveSoftChimpanzeeUnSane

YamatoN「いいですね!」「完璧です!」Pepper 150点の守り
https://clips.twitch.tv/SillySmilingSageTebowing

YamatoN「ちょっと僕鳥肌がとまらないです、すごすぎて…」OooDa「いま、ガレリアさんのロゴにかけましたか、鳥肌…?」
https://clips.twitch.tv/AgreeableZealousCheesePJSalt

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/