eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『Sengoku Gaming』VALORANT部門から「Aktm」「Flame」「himajun」が脱退、「Odenkunn」「hyouka」「Derialy」を加えた新体制に

Japan Sengoku GamingがVALORANT部門の体制変更を発表しました。

Sengoku GamingがVALORANT部門の体制変更を発表

Japan Sengoku Gamingは2020年5月に、FPSのベテランプレーヤーを集めたVALORANT部門を結成。

『Sengoku Gaming』がVALORANT部門を設立、Zerost(LoL、SF2)、Aktm(Overwatch、SA)、himajun(CS:GO)がメンバーに

『Sengoku Gaming』がVALORANT部門に「Flame」(SA、CS:GO)「Pepper」(Overwatch)が加入、5人のメンバーが確定

6月に行なわれた公認大会『RAGE VALORANT JAPAN Invitational』では、ベスト8となりました。
7月には、さらに新メンバー3人の追加を発表しており驚かされましたが、今回脱退した3名との入れ替わりということが確定となりました。この変更については、チーム内での協議の結果と説明されていました。

今後のラインナップは下記の通りとなります。

Sengoku Gaming

  • Japan Zerost
  • Japan Pepper
  • Japan Odenkunn
  • Japan hyouka
  • Japan Derialy

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/