eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『GUNNAR』がゲーミングアイウェア『Lightning Bolt 360』発表、締め付け対策としてイナズマ型・ストラップなど3種のテンプルを選択可能

『GUNNAR』がゲーミングアイウェア『Lightning Bolt 360』を発表しました。

ゲーミングアイウェア『Lightning Bolt 360』

『GUNNAR』の話題を書くのはかなり久々です。
『Lightning Bolt 360』が気になったのは、ヘッドセットをしながらプレーする際の締め付け対策として3種のテンプルを用意している点。

テンプルの種類

  • Classic – 通常のフレーム。ヘッドセットの締め付けを軽減するイナズマ形状
  • Post – 「Classic」をより軽量でスリム化したもの
  • Strap – やわらなかなストラップとすることで、ヘッドセットとテンプルによる締め付けの痛みがなく、快適なサイズ調整が可能

一番気になるのは「Strap」で、実際の使用感は試してみたいと感じています。

『Lightning Bolt 360』は、この3種テンプルに世界最大のeスポーツカンパニー『ESL』モデル、『Tom Clancy`s Rainbow Six Siege』モデルが用意されています。

『ESL』モデル

『Tom Clancy`s Rainbow Six Siege』モデル

アイウェア本体が$129.99、テンプルパックは$34.99となっており、下記の公式サイトで予約受付中です。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/