eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『Dignitas』が『VALORANT』部門を設立、元coL CS:GOの「dephh」やCROSSFIRE、Fortniteのプロが加入

United States Dignitasが、『VALORANT』部門の設立を発表しました。

『Dignitas』が『VALORANT』部門を設立

United States Dignitasが契約したのは、2020年7月に開催されたVALORANT IGNITIONシリーズ大会『PAX Arena Invitational』でベスト4となった United States Homlessのメンバーたち。

文字通り所属先なしのホームレスだったメンバーたちでしたが、その実績が評価されNBA「Philadelphia 76ers」傘下である Dignitas に加入するという、アメリカンドリームを実現しました。

メンバーは、United States compLexity GamingのCS:GO部門でプレーしていた28歳のベテランUnited Kingdom Rory “dephh” Jackson選手、『CROSSFIRE』世界大会に4回出場United States Phat “supamen” Le選手、United States Counter Logic GamingのFortnite部門でプレーしていた United States Harrison “psalm” Chang選手、そして『VALORANT』での実績を積み重ねてきたCanada Kevin “POISED” Ngo選手の4名となります。

5人目は未定となっていますが、8月26日から開幕となる『Pop Flash』に参戦となります。個人的に、United States Dignitas Femaleのメンバーが5人そろったタイミングということもあり、こちらが参戦するのではと予想していましたが、見事に外れる結果となりました。

James Baker氏のコメント(Dignitas Director of Esports)

Riot GamesのLeague of LegendsにおけるDignitasの歴史を踏まえれば、VALORANTへの参入は自然なことです。(VALORANTの)esportsは、競技ゲームにおいて最も成功する開発者達に支えられ、エキサイティングな瞬間に満ちた溢れるゲームプレーと相まって、成功が約束されています。

Dignitasは、世界中のファンたちに最高のパフォーマンスを見せるチームを作り上げるという伝統を継続していくことを目指しています。ロスターにベテランと新進気鋭のスターがそろったことで、Dignitasは競技シーンにおける世界のリーダーとしての地位を確固たるものとしています。

Dignitas VALORANT

  • United Kingdom Rory “dephh” Jackson (ex-Complexity Gaming, CS:GO)
  • United States Phat “supamen” Le (ex-Carbon, Crossfire)
  • United States Harrison “psalm” Chang (ex-Counter Logic Gaming, Fortnite)
  • Canada Kevin “POISED” Ngo

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/