eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

祝・8周年『Counter-Strike: Global Offensive』(CS:GO)、2012年8月22日の正式リリースより

『Counter-Strike: Global Offensive』が2012年8月22日の正式リリースから8周年となりました。

CS:GO 8周年

「CS:GOのリリースから8年が経ちました。
全ての試合、記憶に残るプレーや瞬間、思い出に感謝します。
このようなことがこれからもたくさんありますように!」

とんでもないCS:GO

2012年にリリースされたCS:GOは、2020年の3月に同時接続数100万人を突破。

『CS:GO』の最大同時接続数が100万を突破、リリースから約8年で歴代最高のプレーヤー数を記録

現在も、88万人が同時接続してプレーするタイトルです。

https://store.steampowered.com/stats/Steam-Game-and-Player-Statistics

低調なスタートから改善を重ね人気タイトルに

CS:GOの当初はどうだったのか、過去記事をさかのぼってみたら以下のようになっていました。
Betaフェーズがあったのをすっかり忘れていました。

ちなみに、当初の個人的な印象は「さんざんやったCounter-Strikeで、代わり映えしないな」というもので、しばらくプレーしてその後は見るだけになっていました。人気シリーズ最新作ではありますが正式リリース後は伸び悩み、さまざまな改善を重ねて先のように100万同時接続を超えるタイトルとなったほか、『VALORANT』のような『Counter-Strike』シリーズを強烈に意識したフォロワータイトルを生み出しています。

その改善策の1つについて書かれた下記のレポート記事は、CS:GOの歴史に関する知識として知っておくと良いと思います。

関連記事

『Counter-Strike』21周年、衰えることを知らない人気を継続

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/