eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

ログリーが全ての大会に独自通貨の賞金を提供するeスポーツ大会プラットフォーム 「Adictor」を2020年10月15日(木)より提供開始

ログリー株式会社が、eスポーツ大会プラットフォーム 「Adictor」のサービスを2020年10月15日(木)より提供開始すると発表しています。

eスポーツ大会プラットフォーム 「Adictor」

「Adictor」はユーザー起点の大会を総合的に支援する仕組みと、スポンサーがもっと手軽にeスポーツを支援できる世界観を作ること、ゲーム大会そのものがよりたくさんの人にエンターテイメントとして認知されることを目指して展開される大会プラットフォームです。

プラットフォームの主な特徴は以下の通り。

特徴

  • プラットフォームを通じて開催されるすべての大会にサービス内専用の独自の企業通貨「AdictorCoin」による賞金支援を保証
  • 「AdictorCoin」は1ポイント=1円。1000ポイントからiTunesギフトカード、Google PlayギフトカードやAmazonギフト券等との交換に対応
  • 参加者の募集からトーナメントの自動生成機能
  • 大会が終了後にログを残さないチャット機能など大会運営をワンストップで支援する機能を搭載しています。
  • プラットフォーム内のレベル・ランキングシステムを提供
  • 交流・コミュニティ機能はあえて一切排除し、大会開催部分に特化
  • 利用登録無料

対応ゲームタイトル

公式サイトによると、プラットフォームの対応ゲームタイトルは「国内外問わず、たくさんのプレイヤーが遊んでいるもの」「課金額や運の影響ができるだけ少ないもの」という条件で選定しており、初回対応タイトルは「Call of Duty: Mobile」になるとのことです。

サービスは2020年10月15日(木)にスタート予定です。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/