eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

Riot Games主催の公式大会『VALORANT FIRST STRIKE JAPAN Powered by RAGE』が開催、ランク「ダイヤモンド1」以上のプロ・アマ最大128チームが出場

Riot Gamesが、『VALORANT』世界各地のチャンピオンを決定する初の公式大会「FIRST STRIKE」の国内大会『VALORANT FIRST STRIKE JAPAN Powered by RAGE』を開催すると発表しました。

VALORANT FIRST STRIKE JAPAN Powered by RAGE

「FIRST STRIKE」は、「アメリカ」「ヨーロッパ」「CIS」「アジアパシフィック」「中東」「オセアニア」「日本」「韓国」「ブラジル」「トルコ」といった地域・国で開催され、それぞれのチャンピオンを決定する大会です。

日本大会の運営は、日本初の公認大会『RAGE VALORANT JAPAN Invitational』や『RAGE VALORANT JAPAN TOURNAMENT』を実施してきた『RAGE』が担当となります。

開催情報

スケジュール

  • 参加チーム募集:2020年10月30日(金)~11月5日(木)23:59
  • オンライン予選①:2020年11月14日(土)~11月15日(日)
  • オンライン予選②:2020年11月21日(土)~11月22日(日)
  • 決勝大会:2020年12月3日(木)~12月6日(日)
  • 参加方法:大会公式サイトより応募

大会形式

  • 決勝大会形式:未定 (予選を勝ち抜いた8チームが進出)
  • 募集チーム数:128
    • 応募多数の場合はメンバーの平均ランクが高いチームから優先して選出 (2020年10月31日時点のランクが対象)
  • 賞金総額:500万円
  • プレーオフ:開催形式未定、シングルエリミネーション方式トーナメント(決勝Best of 5、その他 Best of 3)

参加条件

  • 16歳以上であること
  • 保持しているRiotアカウントのランクが「ダイヤモンド1」以上であること

招待チーム

  • 公認大会、許諾大会の成績を元に複数チームの招待を実施

ルール・規約

プレーオフの開催形式は未定とのことで、オンライン・オフラインのどちらかはいまのところわかりません。

優勝すれば「日本初の公式大会王者」という称号を獲得し、『VALORANT』eスポーツの歴史に名を刻むことが出来るのが、本大会最大の魅力です。

この大会に向けた新チームの結成などによって、競技シーンの活性化なども期待することが出来ます。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/