eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

HLTV.org 2020年CS:GO世界トップチーム10ランキング

CS:GO世界最大の情報サイト『HLTV.org』による、2020年CS:GO世界トップチーム10ランキングが発表されています

HLTV.org 2020年CS:GOチームトップ10ランキング

2020年は新型コロナウイルスの影響により、オフラインでの開催がほぼなくなり、各リージョンにおいて大会が実施される形となりました。

今回のランキングは各トーナメントの実績を元に算出されており、1位は優勝4回、準優勝1回、ベスト4 3回で獲得賞金63万1000ドルの Denmark Astralis となりました。

2020チームトップ10

  • 1位:Denmark Astralis
    • dev1ce, dupreeh, Xyp9x, gla1ve, Magisk, Bubzkji, zonic
  • 2位:Russia Natus Vincere
    • flamie, s1mple, electronic, Boombl4, Perfecto, B1ad3
  • 3位:France Team Vitality
    • apEX, RpK, ZywOo, shox, misutaaa, Nivera, XTQZZZ
  • 4位:Germany BIG
    • tabseN, tiziaN, XANTARES, syrsoN, k1to, tow b
  • 5位:France G2 Esports
    • kennyS, AmaNEk, nexa, huNter-, NiKo, maLeK
  • 6位:Denmark Heroic
    • stavn, b0RUP, cadiaN, TeSeS, niko
  • 7位:United States Team Liquid
    • EliGE, NAF, Stewie2K, Grim, moses
  • 8位:Brazil FURIA
    • yuurih, arT, VINI, KSCERATO, HEN1, guerri
  • 9位:Sweden Fnatic
    • KRIMZ, JW, Brollan, flusha, Golden, Samuelsson
  • 10位:Europe FaZe Clan
    • rain, olofmeister , coldzera, broky, Kjaerbye

HLTV.orgでは、インフォグラフィックや各チームの詳細データを元に紹介されています。

トップ10の内訳は、「ヨーロッパ」7チーム、「北米」2チーム、「CIS」1チームとなっています。現在、CS:GOの主戦場はヨーロッパと言われており、北米からヨーロッパに移籍するような流れが出てきています。

2020年は、Riot Gamesの新作FPS『VALORANT』が非常に注目を集め、『CS:GO』からこちらに移行するプレーヤーが出てくる流れもありました。

その影響で『CS:GO』自体が大きく衰退したかというとそういうことでもなく、『Steam』における同時接続プレーヤー数は1月1日の時点で98万人という状況です。2020年は90万台を維持し、100万を超える時もありました。

日本においては、多くのCS:GOトップチームが『VALORANT』に移行となり、『VALORANT』最初の公式大会『VALORANT FIRST STRIKE JAPAN』では、CS:GO出身のJapan Abolute JUPITERが優勝の、Japan BlackBird Ignisが準優勝となっています。

「Absolute JUPITER」が公式大会『VALORANT FIRST STRIKE JAPAN』無敗の完全優勝で日本王者に、さらなる強さと世界での戦いを目指す

大会としては、引き続き『』が開催されている他、『Crank(Community Ranked)』という5vs5マッチを楽しむことが出来る仕組みなどが新たにスタートしています。

『BBIgnis』がチーム最後のCS:GO大会『宴』5杯目「大関」で優勝、3度目の「横綱」を達成

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!