eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

2021 PUBG Esports 日本国内大会『PUBG JAPAN CHALLENGE』出場チーム募集開始、運営を「PUBG SCRIM JAPAN」、配信を「RIZeST」が担当

PUBG JAPAN株式会社が、2021 PUBG Esports 日本国内大会『PUBG JAPAN CHALLENGE』に関する発表を行ないました

PUBG JAPAN CHALLENGE

『PUBG JAPAN CHALLENGE』は、日本国内で研鑽を積むことができる構造の構築を目的として開催。

参加チーム無制限で予選を行ない、上位16チームが本戦に進出。
そこから2021年に行なわれる東アジア公式リーグ『PUBG WEEKLY SERIES EAST ASIA』の日本代表チームが決定されます。

大会運営は、『PUBG SCRIM JAPAN』運営で競技シーンに貢献する株式会社バーチャルエンターテイメント、『PUBG JAPAN SERIES』を運営してきた株式会社RIZeSTが担当します。

開催情報

  • 大会構成:国内予選並びに国内本戦
  • 賞金総額:後日発表
  • 参加登録:2021年1月19日(火)23:59まで 申請フォーム
  • 配信チャンネル:後日発表
  • 主催:PUBG JAPAN株式会社
  • 大会運営:株式会社バーチャルエンターテイメント(PUBG SCRIM JAPAN)
  • 大会放送:株式会社RIZeST
  • 協賛:日本エイサー株式会社(Predator Powered by Acer) ※他の協賛社は後日発表

国内予選

  • 開催期間:1/30 (土) ~ 2/21 (日)
  • 参加チーム数無制限(参加条件に沿うチームとする)
  • オンライン形式
  • 1日5ラウンド。全70試合(1チームあたり14日間で70試合、総当たり形式で行います)
    総合順位上位16チームが、国内本戦へ進出

国内本戦

  • 開催期間:国内予選より選出された16チーム
  • 上記国内予選を勝ち抜いた16チーム
  • オンライン形式
  • 1日5ラウンド。全65試合(13日間)
  • 上位3チームが PUBG WEEKLY SERIES EAST ASIAへ進出
  • PGI.Sに出場するDetonatioN Gaming White, ENTER FORCE.36はシードを付与するものとし、上記国内本戦上位3チームと共に、PUBG WEEKLY SERIES EAST ASIAへ進出

『PUBG JAPAN CHALLENGE』は、圧倒的な試合数をこなすことによるレベルアップ戦略を採用。『PUBG JAPAN SERIES』Grade1は18ラウンド(1日6ラウンド×3日)でしたが、『PUBG JAPAN CHALLENGE』は「国内本戦」だけで65試合、予選も含めると135試合と大幅に試合数が増加しています。

自分はこれまで、『PUBG JAPAN SERIES』各日の試合結果を配信クリップを交えて紹介してきましたが、あまりの試合数にすべては対応出来そうもありません…。

試合は週にもよりますが、毎週「火」「木」「土」「日」の実施が基本となります。
こちらの実施カレンダーについては、公式発表ページをご覧ください。

関連記事

新たな公式大会『PUBG JAPAN CHAMPIONSHIP』(仮称)が2021年2月上旬より開催、競技シーンの更なる成長、 世界で勝てる日本を目指す

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!