eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

eスポーツチーム『Ninjas in Pyjamas』がブランドを刷新、東京の光をインスパイアする蛍光色、「忍」の漢字をロゴに採用

eスポーツチーム『Ninjas in Pyjamas』が、チームブランドの刷新を行ないました。

『Ninjas in Pyjamas』がブランドを刷新

『Ninjas in Pyjamas』は、「EXPECT THE UNEXPECTED」のメッセージと共にリブランディングを発表しました。

創立から20年が経ち、組織の更なる発展、そして世界中の皆を盛り上げ、皆に刺激を与え、皆の絆を深め合えるような・ファンにとって転機となるような体験を創造していくという創立当初の目的の達成にはブランドの再構築が必要不可欠であると判断したためです。

チーム名に「Ninjas」が含まれている通り、NiPは日本を強く意識しています。
発表は<a href=”http://日本語でも行なわれたほか、手裏剣をベースとするチームロゴには「忍者」の2文字から切り出された「忍」の漢字が組み込まれました。さらに、リブランディングのムービーは、メインが日本語ナレーションとなっています。

今回のリブランディングに合わせて、カラーリングも変更され、これまでの「黒・金・白」から「ネオン・黄・黒・グレー」となりました。

Ninjas in Pyjamas
旧チームロゴ

CEOのHicham Chahine氏は、これまでと異なるカラーパレットの採用について「蛍光色は忍者のルーツである日本・東京の美しいネオンライトをインスパイアしており、原色のネオンイエロー・ネオンブルーはスウェーデンの国旗をイメージしたもので、日本とスウェーデンの融合をデジタルタッチで表現した」と『Esports Insider』のインタビューにおいて言及しています。

プライマリカラーはネオンイエロー、セカンダリがネオンブルー
https://nip.gl/pages/brand

Hicham Chahine氏のコメント(Ninjas in Pyjamas, CEO)

NIPで働く社員や選手達にとって、“忍者”であることは特別なことなのです。ただのブランドではありません。世界中のファンやパートナーに記憶に残るような経験を届けるため、そのことを意識し案を完成させていきました。我々“忍者”は団結し、規律を守り、冷静さを保ち、皆に刺激を与えることに尽力します。忍者の一員には誰でもなることができます。だからこそ誰でも慣れ親しめるような物を作り出すことが重要だと我々は考えました。

William Bui氏のコメント (Ninjas in Pyjamas, ブランドマネージャー)

新ロゴにはとても満足しています。アイデンティティという意味でも大きな一歩になると思います。手裏剣の中に“忍”という字を入れています。これは“忍者”という単語の1文字目で、自我と自分の心を刀に乗せるという意味があります。このように複雑で凝った設定があることでファンの皆がさらに満足してくれると信じています。

情報元

この記事を書いた人
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
SNSでフォローする
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!