eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『VAXEE』がeスポーツマウス第2弾『OUTSET AX』を発表、非対称形状、『NP-01』よりも縦が短く上下に動かしやすい設計を採用

『VAXEE』がeスポーツマウス第2弾『OUTSET AX』の詳細情報を発表しました

『VAXEE』eスポーツマウス第2弾『OUTSET AX』

『OUTSET AX』は、『VAXEE』と中国カウンターストライクのレジェンド China Zhengwei “alex” Bian氏と共同開発したeスポーツマウスで、alex氏のブランド『OUTSET』からリリースされます。

特徴

  • 傾斜がついた非対称デザインの右利き用マウス
  • 背面にボリュームがあり、縦が短く上と下方向への操作がしやすい
  • マウス全体が握りやすい
  • VAXEEゲーミングマウスのアーキテクチャ (NP-01と同じ)

第一弾の左右対称マウス『ZYGEN NP-01』の形状と比較すると、『OUTSET AX』の形状は斜め向きになっていることが良くわかります。

この形状について、公式動画ではチルトグリップに適しており左右に動かしやすいということが説明されていました。「チルトグリップ」という言葉に馴染みが無かったので質問を送ってみたところ、右利き用マウスを使用する時の手を斜めに傾けた持ち方であると説明いただきました。

さらに、『OUTSET AX』は縦の長さを短くし中央部分を高くすることで、手のひらでマウスを押し出しやすく上下の動きが快適になるよう設計されています。

動画では、『VALORANT』や『Apex Legends』が例として紹介されていましたが、これらのような左右・上下の動きが多いFPSタイトルにおいて『OUTSET AX』は非常に活躍してくれそうです。

他社右利き用マウスとの縦サイズを比較してみたところ、下記のようになっていました。

マウス縦サイズ
OUSTSET AX117.43mm
ZOWIE EC-2120mm
Razer DeathAdder V2 Mini114.2mm
LogicoolG G703124mm
SteelSerise Rival 710124.8mm

マウスのコーティングは、NP-01よりも摩擦係数を高くしたマット加工(ブラック)と、光沢加工(ホワイト)の2種類が発売となる予定です。

価格は「NP-01」と同じ6,990円で、『VAXEE』直販サイトから購入可能になります。
発売日についてはまだ明らかにされていませんでした。

形状についてチルトグリップに適しているということを紹介しましたが、質問の回答によると、中央が高く後部が低い構造で手のひらとの間に空間が広く作られるため、つかみ持ちやつまみ持ちなど指を使った持ち方も操作しやすくおすすめとのことでした。

情報元

この記事を書いた人
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
SNSでフォローする
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!