eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『Fnatic』がVALORANT部門を設立、『FIRST STRIKE Europe』2位の「SUMN FC」と契約

『Fnatic』がVALORANT部門を設立し、『2021 VALORANT Champions Tour Challengers Europe』に出場することを発表しました。

『Fnatic』がVALORANT部門を設立

『Fnatic』が契約したのは、グランドファイナル進出5回、優勝1回という実績を持ち、ヨーロッパで最も注目されていたフリーエージェントチーム「SUMN FC」となります。

ポイント

  • メンバーは下記実績を持つ、アマチュアチーム「SUMN FC」の5名
    • グランドファイナル進出5回、優勝1回
    • 『VALORANT FIRST STRIKE Europe』2位
    • 『Red Bull Home Ground』ベスト4
  • 参入する全てのタイトルで王者となるというFnaticのビジョンに相応しいメンバーとして契約
  • 『2021 VALORANT Champions Tour Challengers Europe』に出場予定

Fnatic VALORANT

  • United Kingdom Jake “Boaster” Howlett
  • Croatia Domagoj “Doma” Fancev
  • United Kingdom James “Mistic” Orfila
  • United Kingdom Muhammad “Moe40” Hariff
  • Greece Kostas “tsack” Theodoropoulos

Patrik “cArn” Sättermon氏のコメント (Fnatic, Chief Gaming Officer)

VALORANTへの参入をついに果たし興奮しています。VALORANTが始まって以来、部門の設立はファンが最も求めていたことです。参入する全てのゲームでトップタイトルを競うというFnaticのビジョンに合うメンバーを見つけるために時間を費やしてきました。

Counter-StrikeなどのFPSタイトルで成功しているFnaticの歴史に新たな章を追加し、VALORANTで伝説を作り上げることを楽しみにしています。

Colin Johnson氏のコメント (VALORANT Team Director )

新たに加入した選手達は、給与や組織の支援なしで参加する全てのトーナメントでヨーロッパのエリート達と対戦し、この数ヶ月でその才能を証明してきました。

彼らがさらなるレベルに到達し、出場する全てのトーナメントで勝利することが出来るよう、Fnaticとそのハイパフォーマンスユニットが支援していきます。

情報元

この記事を書いた人
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
SNSでフォローする
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!