eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

新マップ「Breeze」が国際大会『2021 VALORANT Champions Tour Stage2 Masters』の対戦マップリストから除外

5月24日(月)~5月30日(日)にアイスランドで開催される国際大会『2021 VALORANT Champions Tour Stage2 Masters』の使用マップに関する発表が行なわれました。

新マップ「Breeze」が除外に

新マップ「Breeze(ブリーズ)」は、2021年4月28日にリリースされたパッチ「2.08」で登場。アンレートとコンペティティブには5月12日(水)より追加予定です。

この「Breeze」について、『2021 VALORANT Champions Tour Stage2 Masters』の競技マップでは採用が見合わせとなり、これまでに使用されている5つのマップで引き続き対戦が行なわれることになりました。

見合わせとなった理由については下記のように説明されています。

2021 VALORANT Champions Tour Stage2 Mastersマップ

  • ASCENT (アセント)
  • BIND (バインド)
  • SPLIT (スプリット)
  • HAVEN (ヘイヴン)
  • ICEBOX (アイスボックス)

ちなみに、新マップを公式大会で採用する際のルールは、リリースから4週間が経過した後と定義されています。
これに基づくと、「Breeze」は「Masters」の開催期間中に使用可能となる予定でしたが、先の理由から使用は見合わせの判断が下されました。

7.4.2. 新しいマップ
VALORANT チャレンジャー大会ルール 2
新しいマップについては、ライブのキューでリリースされてから4週間は自動的に使用が禁止されます。例えば、マップAが2月5日にリリースされた場合、マップAは3月5日の試合で始めて使用可能となります。

7.4.2. New Maps
New Maps will be automatically restricted for four weeks from their release on
live queue. Example: Map A was released on February 5, so Map A will become
eligible to be used in all Matches on March 5.

情報元

この記事を書いた人
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
SNSでフォローする
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!