eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

日本から「ZETA DIVISION」「REJECT」出場、『2021 VALORANT Champions Tour』APACラストチャンス予選が2021年10月11日(月)~17日(日)に開催

『2021 VALORANT Champions Tour』APACラストチャンス予選に、「ZETA DIVISION」「REJECT」が出場すると正式に発表されました。

『2021 VALORANT Champions Tour』APACラストチャンス予選

APACラストチャンス予選は、シーズン王者を決定する世界大会「Champions」にアジア枠から出場する1チームを決定する大会です。この大会には、出場権を保有していない各エリアのツアーポイント獲得上位チームが出場します。

ポイント

  • 日本から獲得ポイント2位「ZETA DIVISION」、3位「REJECT」出場
    • 1位「Crazy Raccoon」は「Champions」出場
  • オンラインにてダブルエリミネーション方式トーナメントで対戦
  • 「中国」が競技シーンに登場
  • 優勝(1チーム)が「Champions」出場権獲得

開催情報

  • 開催日:2021年10月11日(月)~17日(日)
  • 対戦形式:オンライン
  • 出場チーム:10
    • 東南アジア×3
    • 中国×2
    • 韓国×2
    • 日本×2
    • 南アジア×1
  • 優勝:「Champions」出場権獲得
  • トーナメント形式:ダブルエリミネーション方式
  • 全日程7日間、15時30分より日本語配信を実施

トーナメント表

リリースで公開されたトーナメント表は以下のとおりです。

トーナメント組み合わせについて

  • 東南アジア、中国、韓国、日本において最もシード順の高いチームは、第2ラウンドからスタート
  • 東南アジアのチーム同士が最初のラウンドで対戦しないように配置
  • 残りのチームは、第1ラウンドにランダム配置

今回の発表に組み合わせの記載はありませんでしたが、Liquipediaにはこれまでの獲得ポイントで分類したトーナメント表が掲載されています。

関連記事

『REJECT』はラストチャンス予選から『VALORANT』世界大会に出場出来るのか、オーナー甲山翔也氏にチームの取り組みや高額な選手報酬についてインタビュー

情報元

この記事を書いた人
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
SNSでフォローする
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!