eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

「PSG.LGD」が賞金総額400万ドルのDota 2大会『Riyadh Masters 2022』で優勝

賞金総額400万ドルのDota 2大会『Riyadh Masters 2022』にて、「PSG.LGD」が「Team Spirit」を2タテで下し優勝となりました。

Riyadh Masters 2022

『Riyadh Masters 2022』は、サウジアラビアで開催されたフェスティバル『Gamers8』内にて実施されました。

フェスティバルでは、5タイトルにて6つのeスポーツ競技が行なわれ、賞金総額は1500万ドル(約20.4億円, $1=136.43円)というとてつもない金額でした。

Dota 2『Riyadh Masters 2022』には招待7チーム・予選通過3チームを合わせた10チームが出場し、グループステージ・プレーオフ形式で試合を実施し、賞金総額400万ドルは400万ドル(約5.4億円)です。

決勝は「PSG.LGD」と「Team Spirit」という、2021年世界大会『The International 11』と同じ組み合わせになりました。

ゲーム1

1試合目の転機となったのは23分頃のチームファイトです。
「Team Spirit」に1人を先に落とされ4vs5の状況となった「PSG.LGD」ですが、XinQ選手(WinterWyvern)のアルティメットスキルが見事に入り戦況が逆転しました。

「PSG.LGD」は、このチームファイトで3名をダウンさせたことで6000ゴールドの資産差を生み出し、RoshanからAegis of the Immortal(死んでも生き返ることができるアイテム)を獲得してゲームを有利に展開します。

以降、「PSG.LGD」はLone DruidとBrewmasterがフロントに立つ猛烈なプッシュで一気に敵陣を侵攻し資産差22000ゴールドをつけての勝利となりました。

ゲーム2

2試合目は、14分頃に繰り広げられたチームファイトが注目でした。
互いにスキルと攻撃のすさまじい応酬となりましたが、30秒近く1人もダウンしないという信じがたい展開となりまし。しかし、最終的には「PSG.LGD」が4キルとミッドタワーの獲得に成功して一気に8000ゴールドのリードを作ります。

「PSG.LGD」がリードを保ったまま試合は進み、かなり優勢な状況を作り出しました。

28分のチームファイトでは「Team Spirit」が5人がバイバック(大金を払ってリスポーンタイムをナシにする)を使う苦しい状況でほぼ試合は決定。

32分頃に「Team Spirit」が「gg」をコールして投了となり、「PSG.LGD」が2-0で優勝し、優勝賞金150万ドル(約2億円)を獲得しました。

トロフィー獲得シーン

この記事を書いた人
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
SNSでフォローする
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!


アフター6ジャンクション出演時アーカイブ