eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

Dota 2世界大会『The International 2022』ファイナルブラケット進出4チームが決定

Dota 2世界大会『The International 2022』ファイナルブラケットにチームが決定しました。

ファイナルブラケット

メインイベントの第1行程となる試合が10月20日(木)~10月23日(日)にシンガポールのコンベンションセンター「Suntec Singapore」で行なわれました。

16チームによるダブルエリミネーション方式トーナメントを経て、残り4チームまでに絞られました。

Upperファイナル

  • Team Secret (ラストチャンス予選通過)
    • Crystallis, Nisha, Resolut1on, Zayac, Puppey, Heen
  • Tundra Esports (プロサーキット9位)
    • skiter, Nine, 33, Saksa, Sneyking, Aui_2000

Lowerラウンド5

  • Team Liquid (ラストチャンス予選通過)
    • MATUMBAMAN, miCKe, zai, Boxi, iNSaNiA, Blitz
  • Team Aster (プロサーキット5位)
    • Monet, Ori, Xxs, BoBoKa, 皮球, LaNm

ファイナルブラケットはしばらく日程が空き、10月29日(土)、30日(日)に屋内競技場「Singapore Indoor Stadium」で実施されます。

スケジュール

Upperファイナル

  • 10/29(土)13:00~ Team Secret [vs] Team Aster

Lowerラウンド5

  • 10/29(土)16:00~ Team Liquid [vs] Team Aster

Lowerファイナル

  • 10/30(日)13:00~

グランドファイナル

  • 10/30(日)17:30~

Dota 2の歴史に残る大逆転劇

さきほど行なわれた「Lowerラウンド5」進出をかけたゲーム「Team Liquid」vs「Thunder Awaken」は、歴史に残る大逆転劇となりました。

「Thunder Awaken」はEmber Spiritを使うDarkMago選手が敵陣でのチームファイトで相手を5人キルする「RAMPAGE」を繰り出し資産差19000ゴールドをつけました。

「Team Liquid」はお金を支払いリスポーンタイムをゼロにして復活するバイバックですぐさまカウンターをしかけ、逆に「Thunder Awaken」を全員キルすることに成功しました。

「Thunder Awaken」も「バイバック」を使っていたため2分近く復活出来ない状況となり、その間に「Team Liquid」は敵の本陣破壊に向け一直線。会場からは「Let’s Go Liquid!」の大歓声が鳴り響きました。

復活した「Thunder Awaken」は「Team Liquid」に襲いかかりましたが、「Team Liquid」はこれも見事に返り討ちとして大逆転勝利を確定させました。

この戦いは以下よりアーカイブで見ることが出来ます。

関連記事

2021年世界王者「Team Spirit」がベスト16で敗退、東南アジア「BOOM Esports」がDota 2世界大会『The International 2022』で大金星

『Fnatic』が試合環境の改善を求める報告書を提出、Dota 2世界大会『The International 2022』対戦相手が会場実況を利用可能な状態

関連サイト

この記事を書いた人
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
SNSでフォローする
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!


アフター6ジャンクション出演時アーカイブ