eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

Dendi率いるDota 2チーム『B8』が2023年ラインナップを発表、活動リージョンを東ヨーロッパからアメリカに変更

レジェンドDendi選手率いるDota 2チーム『B8』が、2023年の新体制を発表しました。

『B8』が2023年の新体制を発表

『B8』は、2023年の活動リージョンを東ヨーロッパからアメリカに変更します。

チームオーナー兼プレイヤーのDendi氏は、TwitLongerにて今回の変更に関連する自分の思いを綴りました。

ロシア・ウクライナ情勢の影響によって、生活やチーム運営は非常に厳しい状態で、これを打破しウクライナを支援する狙いも含めて、活動リージョンをアメリカに移す決断をしたと説明していました。

『B8』の2023年メンバーは以下のようになります。

B8

  • Ukraine Denis “StoneBank” Korzh (Carry)
  • Ukraine Danil “Dendi” Ishutin (Mid)
  • Ukraine Glib “Funn1k” Lipatnikov(Offlane)
  • Peru Joel “MoOz” Ozambela (Support)
  • Ukraine Oleg “Lodine” Kvasha (Hard Support)

Dendi選手のコメント

B8はアメリカへ、レッツゴー!

やあみなさん

この9ヶ月間はすべてのウクライナ人にとってひどく厳しいものでした。
自分にとっても、B8にとっても同じく大変でした。
ロシアのスポンサーと関係を終了し、より国際的な組織に切り替えました。
チームに投資家がいるわけではありません。
非常に複雑で、誰もが異なるレベルの様々な課題を抱えていましたが、かなりすばらしいチームとしてまとめることが出来ました。選手とスタッフの両方について話しています。Counter-Strikeチームは素晴らしく成長しました。RMRのヨーロッパ予選では、リオで開催されたメジャー大会まであと一歩でしたが、及びませんでした。
チームのみんなに感謝しています。みんながいなければ、B8は、いま存在していない可能性が高いと言えるでしょう。これまでの道のりをサポートしてくれたESBにも大変感謝しています。

ウクライナでは戦争が起きています。ロシアはミサイルを撃ち、人々を殺害し、私たちの自宅や重要なインフラを脅かしています。
このようなテロ攻撃のせいで、自宅に明かりや暖房が無い人は数えきれません。
チームを維持し、人生の大部分を捧げるために、異なるリージョンで出場する事を決めました。この決断が、ウクライナ支援に多くの人たちを巻き込むことにつながると信じています。

Dota 2に話を移しましょう。
Dota 2をたくさんプレーし、トップチーム同士が争うトーナメントを見て毎日飢えていました。このゲームを心から愛しています。人生の大半をこのゲームに捧げてきました。競争することが大好きで、勝利のために努力しています。
このゲームが、いまの自分を作ってくれました!出会ったすべての人、長年に渡りサポートしてくれている人、いつもみんなに感謝しています。
みなさんに恩返しをしたいと思っていますし、願わくば笑顔をもたらしたいです。
今回、B8がNAリージョンに参戦するスロットを獲得する機会を得ました。
全リージョンの100選手以上と話をしたと思います。
最終的にこのラインナップとなり、新しいチャレンジの旅へと向かう準備が整いました。

みなさんのサポートに感謝します。
DPC NAでお会いしましょう。
Support Ukraine!

情報元

この記事を書いた人
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
SNSでフォローする
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!


アフター6ジャンクション出演時アーカイブ