eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

クイックトランジット

あまりこのサイトとは関係のないネタかもしれないけど、
一部関係があるものが写っていたのと驚いたので紹介。

シリコンバレーのトランジティブ社が、あるプラットフォーム用に作られたソフトウェアを
ありとあるゆるプラットフォームにおいて、
ほぼ同パフォーマンスで実行できるエミュレーターを開発したそうなのです。

プログラムだとマルチプラットフォームなJAVAが重宝されていると思いますが、
これを使えばC++でもなんでもありとあらゆるOS上で動作させることができるようになり
開発コストが下がったり面倒なことがなくなったりする、というようなものだと思われます。

同社はこのエミュレーターのデモで、
Linux版のQuake3をPowerBook上(つまりマック)で動作させたというのです。

ハッキリとよくはわからないけど何かすごそうなカンジです!

上に書いてあることは間違ったりしているかもしれないので
ソフトウェアとかに詳しい人はコメントしてください :]

情報元 : hotwired

この記事を書いた人
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
SNSでフォローする
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!

コメント (0)
  1. hirop より:

    sugeeeeeeeeeeeeee

  2. ふみお より:

    すごいよこのエミュレータ!

  3. NO NAME より:

    よくわからないけどすごい

  4. NO NAME より:

    でも所詮エミュだし…って落ちに3ペセタ。
    永久機関とか、そーいうのを思い出すネタですな、これ。

  5. NO NAME より:

    JAVAも最初はそう思われたものだ

  6. 今までなぜMacでQuake3が動かなかったのかもわからない人 より:

    どうしてスゴイのかいまいちわからない

  7. NO NAME より:

    cpuがちがうと命令が違う

  8. NO NAME より:

    No.7はプログラムは魔法で動いていると思っている典型的な普通の人

  9. Takeo より:

    >>No.9
    えっ!? 違うの!?

  10. NO NAME より:

    魔法ではない、技術力だ

  11. NO NAME より:

    電気力発電