eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

Steamクライアントアップデート

Steamクライアントがアップデートしています。

Steam Client Update Released

プラットフォーム最新版が利用可能になりました
Steamを再起動すると自動的に適用されます。
変更点は以下のとおり

Steam

  • Source MODが自動的にゲームリストに現れるようにした。
  • Steamの起動プロセスを改善した。
  • 複数のDVDにまたがわるバックアップを作成したときにクラッシュするのを改善。
  • キャッシュ破損後にSteamキャッシュの確認が不必要になるバグを修正。
  • 「Condition Zero: Deleted Scenes」と「Codename Gordon」のバックアップに失敗するのを修正。
  • 「the game files will be deleted and re-acquired」というメッセージがリピートされるバグを修正。
  • 1月以上Steamに接続していなかった場合、オフラインモードが失敗するのを修正。

    Half-Life 2

  • ゲーム起動時間とマップロード時間を減少するためにSteamファイルシステムを最適化した。

    Source SDK

  • MOD開発者向けにデバッグ起動プロセスをシンプルにした。MOD開発者は開発ディレクトリにconfigファイルの設置を必要としなくなった。
  • MOD開発者がユーザーのSteamインストールパスを突き止めるためのレジストリキー「HKEY_CURRENT_USERSoftwareValveSteamSourceModInstallPath」を追加した。

    CS:CZやCodename Gordonに関する修正までありました。
    どんどん修正、追加情報が増えていきますなあ。

    情報元 : steampowered.com

  • Yossy
    Writer
    Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

    https://twitter.com/YossyFPS/