CS:Source、Source Engineアップデート

Counter-Strike: Source、Source Engineがアップデートしています。

Counter-Strike: Source, Source Engine Update Available

Counter-Strike: Source、Source Engineの最新版が利用可能になりました。
Steamを再起動すると自動的に適用されます。
変更点は以下のとおり。

Counter-Strike: Source

  • マップde_prodigyを追加
  • 壁に対するプレーヤーの動作を改善
  • 坂を跳ねながら下るときのプレーヤーの動作を改善
  • defuserの購入アイコンが表示されるようになった
  • Physics prop avoidanceはオブジェクトの量によって計測されるようにした
  • 障害物が隠れる距離の詳細はenv_detail_controllerでマップ単位にコントロールできるようになった
  • Specator GUIの最後のモードが保存されるようになった
  • 名前によるspectate playerを追加
  • グレネードや武器が着水した時に水しぶきが跳ねるようになった
  • Frag grenadeが起こす聴覚障害の遅れ、爆発音が聞こえるようになった。
  • viewmodelのラグを修正した
  • プレーヤーモデルのゆれに対する整合性チェックを追加
  • ラウンドリスタート時に武器のリロードが終了するようになった
  • プライマリウェポンを買わなかった場合のAutobuyとrebuyトリガーはリロードになった
  • rebuyはプレーヤーが拾ったピストルを落とさないようになった
  • プレーヤーが他の武器に弾薬を使用していたら、落ちている武器の弾薬は失わなくな
    ったhostageのヒントメッセージを再追加

  • スモークが濃くなっている場合(挟まっているときとか?)、取り除かれるようになっ

  • 壊れやすいグラスがダメージを受けた場合は吹き飛ばされるようになった
  • オブザーバー向けに音域をアップデート
  • はしごの最上部に取り付くことができなかったのを修正
  • スプレーのインポートに関する修正

    Source Engine

  • MP3を再生しようとしてファイルが存在しなかった場合、もしくはフォーマットが不正だった場合にクラッシュするのを修正
  • ID3タグが付いているMP3を再生するとクラッシュするのを修正
  • UDPリモートロギングワークによってネットワークが早くスタートされるのを修正
  • Worldレンダリングを最適化
  • デモ録画の問題を修正
  • ユーザー情報を設定することをクライアントに許可する「setinfo」コマンドを追加
  • dedicated server上で「sv_downloadurl」「sv_consistency」が利用可能になった
  • 名前が””などで囲まれている場合のrcon “kick “コマンドを修正
  • ポートとアドレスが””などで囲まれている時に追加されない「logaddress_add」のバグを修正
  • サードパーティプラグイン向けに「player_say」イベントを追加
  • マップが起動する前に発言がある時にdedicated serverがクラッシュするのを修正

    いろいろ追加や修正が行われています。
    ついにde_prodigyも追加されました。
    次は新しいde_infernoあたりを希望したいところです。

    情報元 : steampowered.com

  • コメント