eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

カウンターストライク ネオ

日本CS界に革命が起きます。

本日、ネッカで犬飼さんと話をしてきたのですが、
そこでものすごい情報を提供していだきました。
それが『カウンターストライク ネオ』です。

詳しくはあとで張るリンクをみてもらいますが、
『カウンターストライク ネオ』とはナムコが
Valve社より正式ライセンスを取得し、
カウンターストライクの持つ高いゲームバランスを踏襲し、
互換性を保ちつつ、言語やインターフェイスを日本のプレイ
ヤーの皆様が快適に使って頂けるように改良したものらしいです。
違いとしては表示が日本語になっていたり、
クラン戦等のrestart2回してからスタートや、
勝利が確定したときの表示などがをもっとわかりやすいものとなっているそうです。

そして、ナムコはこの『カウンターストライク ネオ』を
設置したCS専門のエンターテインメント空間、『レッドゾーン』をオープンします。
『レッドゾーン』はネットカフェなどとは違い、
マシンで出来るのは『カウンターストライク ネオ』のプレーと
簡単なWEB閲覧だけらしいです。

『カウンターストライク ネオ』は専用筐体に組みこまれ、
プレーヤーはその筐体でプレーすることになります。
専用筐体の画像がありますが、かなり金がかかってそうなカンジです。

店内もサイバーなカンジでかなりカッコイイです。
場所は東京の蒲田。地図もあるので貼っておきます。

この情報は、雑誌やテレビなどのメディアよりも先に、ネットでリリースされます。
これは既存のCSプレーヤーたちに挨拶を先に済ませておきたい、
というナムコのはからいによるものです。

さらに、『LED ZONE』とAceGamerでは
CPLの開催を計画しており、犬飼さんによると
開催できそうなところまで来ている、とのことです。

日本も海外の環境に徐々に追いつきつつあります。
環境が整ってきてプレーヤーがしなくてはならないことは、環境を維持することです。

犬飼さんの言葉を借りれば、
「人がこないサーバーがそのうちなくなってしまうのと同じで
プレーヤーは積極的に参加して盛り上げていかなければならない」
ということです。

これだけの設備も人が集まらなければそのうちなくなってしまうかもしれません。
「もっと積極的にオフラインの大会に集まってください!」
ということをここでは書ききれないほど犬飼さんは熱く語ってくれました。

とりあえず、LED ZONEのバナー等がありますので、
是非ともみなさん、WEB等にリンクを貼るなどして応援していきましょう。

  • ナムコによるあいさつ文
  • エンターテインメント空間、『レッドゾーン』オフィシャル
  • Yossy
    Writer
    Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

    https://twitter.com/YossyFPS/
    Comments (0)
    1. Avatar ぶー says:

      レッドゾーンマジ楽しいよ

    2. Avatar ぇー says:

      LEDZONEは痛いヤツいっぱいだったよ?