eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

CPL Summer2005公式サイトオープン

CPL Summer2005の公式サイトがオープンしています。

サイトでは開催までの日数カウントダウンや、
各トーナメントの詳細ページなどがオープンしています。

  • CS:Source参加チーム
  • Painkiller参加プレーヤー

    Painkillerの参加プレーヤーは豪華の一言。
    対してCS:Sourceはまだ18チームの参加しか確定していない状態で、
    有名どころのチームはTAUくらいしかリストに入っていません。

    ルールやマップローテーションについてはまだ決定していません。

    情報元 : SK GAMING

  • Yossy
    Writer
    Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

    https://twitter.com/YossyFPS/
    YouTube

    取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!

    Comments (0)
    1. Avatar MM@ says:

      CPLがCSS移行ってことで、日本のCSもCSSになっていくんですかね~

    2. Avatar woa says:

      cssは別げー

    3. Avatar NO NAME says:

      マッピングやモデリングの自由度ではCSSの方がずっと上なんで
      個人的にはさっさと移行して欲しい

    4. Avatar JamesB says:

      でもシステムがまだまだアレらしいですね…。

    5. Avatar NO NAME says:

      78にやつが居る!
      がんばれー

    6. Avatar NO NAME says:

      あー
      Painkillerの方ね

    7. Avatar NO NAME says:

      http://www.gotfrag.com/cs/features/1105/
      よく読んでないけどCS:S擁護かな?

    8. Avatar Marshmallow says:

      僕としてはCSSは一度作り直したほうがいいと思ってます。

    9. Avatar NO NAME says:

      cssは仕様も糞ならマップも糞ですからね。
      作り直したほうがいいかもね。

    10. Avatar aikoN says:

      CS:SはCAL-Pのチームが多いですね。
      参加チーム数が少ないリーグで一気に優勝を狙うチームが多いようです。
      まーteam3D, NiP, NoA等トップクラスのクランの参加がまだ無いので次世代ゲームでのトップを今のうちに取って置くというおいしい話には納得できますが、彼らが道切り開いていくと思うと少し者足り居ない気もします。さぁどう動くCS:S。