eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

新聞にFatal1tyの記事掲載

Fatal1ty
Fatal1tyの記事が「The Kansas City Star newspaper」に掲載されたとCPL公式サイトでニュースになっていました。

Fatal1tyの経歴紹介や関係者などのコメントなどが掲載されており、なかなかおもしろい内容となっていました。気になった部分だけ日本語にしてみました。
プロフェッショナルゲーマーの先駆者といえるFatal1tyのすごさがわかりました。

一部訳

現在、プロフェッショナルアスリートとして彼は一日中トレーニングに励んでいる。
WendelはパートナーのBrian“Zen”Grapatinと共にコンピューターネットワーク上において1日8時間のトレーニングをして過ごす。
彼らはCPLのオフィシャルトーナメントゲーム『Painkiller』の練習を行なっている。
彼は勝利したにも関わらず、No.1のPainkillerプレーヤーだとは思われていない。
No.2が嫌いな彼にとってこれはいらだたしいことである。

GrapatinはWendelの会社に勤める常勤社員である。Wendelは給料を支払うことを約束し、Grapatinに仕事をやめてクリーブランドに移住してビデオゲームのパートナーとなるよう説得したのだ。

Fatal1tyはWendelのハンドルネームだけではなく、彼の会社名でもある。
彼は独自ブランドの特大マウスパッドの販売を始めた。
半年で$50,000の利益を見込んで販売し、実際には$30,000を売り上げた。
現在、とあるコンピューター会社がFatal1tyブランドのマザーボードやサウンドカードを製造している。つまり、WendelはFatal1ty gaming computerを販売しようとしているのだ。

Wendelはできる限り長くプレーを続けることが出来るだろうが、いつの日か競技を引退する日が来ることを知っている。しかし、彼にはまだ自分のゲーミングビジネスがあるだろう。

Fatal1tyかっこいいですなあ。

情報元 : CPL

この記事を書いた人
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
SNSでフォローする
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!

コメント (0)
  1. OFF より:

    新聞に載るてスゴイなぁ
    自分も何かやらかして載ってみようとおもいましたよ。

  2. ReiRou より:

    Palinkillerでの現状はVo0>Fatという成績、そしてイメージが
    強いですね。この位置付けと印象を変えられるには、CPL World
    Tourで過半数の優勝成績と、Vo0との直接対決での勝利です
    ね。もちろんFatal1ty以外のプレイヤーも該当することですね。

  3. noppo より:

    とてもかっこいい

  4. Yuuki より:

    写真の目が真剣その物だ!

  5. ChisetoN より:

    目が真剣というよりちょっとコワイ

  6. FUKUx7 より:

    コワw

  7. ホギ より:

    コレガシンケンナマナザシ。
    いい目をしている。

  8. bonchoo より:

    Fatal1tyはハリトーノフに似てる? そんなことないか。

  9. xenq より:

    新聞に世界のNoppoの記事掲載
    世界のNoppoの記事が「The Kansas City Star newspaper」に掲載されたとCPL(ry