eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

Damage-Calculator IIIリリース

Damage-Calculator III
CS1.6の武器ガイドが公開されていました。

ダメージガイドでは、どの距離から撃つとどのあたりに弾があたるのかという統計を図解入りで知ることが出来ます。

また、『Damage-Calculator III』では武器やアーマーの有無、距離などを選択することによって、ダメージがどのように変化するかを指定して知ることが出来ます。

これはデータ大好きっ子にはたまらないですね。すばらしい!

情報元 : SoGamed

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
Comments (0)
  1. Avatar JamesB says:

    M4はサイレンサーつけたほうがダメージが高くなる部位が多いというのには驚いた。(ケブラー付きの胴体だけは倒すのに1発多く当てる必要があるけれども)
    ダメージの算出法やケブラー減衰のなどが興味深かったです。

  2. Avatar OFF says:

    サイレンサー付き距離減衰の挙動が興味深いっすねー