HL1エンジンアップデート

Half-Lifeエンジンがアップデートしています。

HL1 Engine Update

HL1 Engineのアップデートがリリースされました。
アップデートはあなたのSteamクライアントが再起動されると自動的に適用されます。
変更点は以下のとおり。

HL1 Engine

  • 悪意あるサーバーオペレーターによって引き起こされていたいくつかの不具合を修正
  • 現在テスト中のVAC次バージョンの一部として、LinuxゲームサーバーはGLIBC 2.3.2もしくはそれ以上がインストールされていなければならなくなった

HL1 Engine Master Server Query Protocol

これらの変更はSouceエンジンに沿ってHL1エンジンのクエリープロトコルを導かせます。サードパーティツールが使用可能なSteamゲームサーバーに接続する場合、ベンダーにアップデートが必要であることを連絡する必要があるかもしれません。

  • A2S_PLAYERとA2S_RULESに対するサーバークエリーのchallenge numberを追加(“sv_enableoldqueries”を1にすることで旧スタイルのクエリーを動作させる)
  • A2S_INFOサーバークエリーはクエリーパケットの最後に”Source Engine Query”文字列を必要とするように変更した
  • “info”,”infostring”,”details”,”players”,”rules”のサポートをやめ、代わりに”A2S_INFO”,”A2S_PLAYERS”,”A2S_RULES”を使うようにした

情報元 : steampowerd.com

コメント

Avatar iNter

hltv.cfgファイルがアップデートされるので、
HLTVサーバーを立ててる方は、
コンフィグファイルのバックアップをされてから
アップデートされることをお勧めします。

Avatar onlooker

アップデートを行うとASEで正しい情報が表示されなくなります。
PS2のServerOverViewも同様。orz
sv_enableoldqueriesはデフォで1のため記載してもしなくても同じ。