eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

審判の役割とe-Sportsへの期待

World Cyber Games
4Gamer.netにCrizeさんによる『WCG2005国内予選の審判が語る,審判の役割とe-Sportsへの期待,そして目の前にある課題』という記事が掲載されています。

あまり注目されることがない審判という立場から、審判の存在意義やe-Sportsに関する期待や課題などについてまとめられた、これまでにある記事とは違う視点からまとめられた記事だと思います。

情報元 : 4Gamer.net

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
Comments (0)
  1. Avatar KT says:

    選手だった側として書かせてもらうと、会場の難をはっきり書いてもらえたのは嬉しかったですが、ゲームがダメといったことはCS:Sクランとして出場した僕らとしてはちょっと悲しかったですね。。。

  2. Avatar Crize says:

    ごめんなさい。個人的にはアップデート等で問題が改善され、たくさんのプレイヤーに受け入れられる様になって欲しいと思っています。

  3. Avatar KT says:

    1.6と違うゲームになってるのはゲームが違いますから当然ですし、
    まあそれなりに改善していってますね。全体的に。
    大会はtickrateが100というのがいつもと違う感じではありましたが、
    それなりに「CS:Sとして」面白い大会であったとは思ってます。
    まだ少し微妙な点はありますが、あくまで微妙な点。
    ゲームバランスは1.6と比べても遜色ないので、僕も細かいところを早く改善してくれることを祈ってます。