CPL Quake4注目プレーヤー

Quake4
ukeru.jpでBRZRKさんがCPL Winter 2005 Quake4トーナメントの注目プレーヤーをピックアップしていました。

正直なところ、Quake4トーナメントの出場プレーヤーは注目プレーヤーばかりで注目しきれないような状況なのですが、BRZRKさんが数を絞ってプレーヤーを紹介していたので個人的に気になっているプレーヤーを5名ほど選んでみました。

Fatal1ty
言わずと知れたプロゲーマーのスター的存在。
Quakeシリーズ、DOOM3、AvP、Painkiller、UT2004など、取り組んだゲームでは確実に実績を残すプロゲーマーの鏡。
自分自身でも語るように、ゲームへの適応能力が非常に高く、影での異常なまでの努力でトップに君臨するカリスマ。Quake4ももちろん優勝争いに絡んでくること間違いなし。

LeXeR
個人的に最も好きなQuakeプレーヤー。
ロシアの皇帝とK-1並に勝手な異名をつけて自分の中で盛り上がっていたり。
自分のcfgもLeXeRのcfgをベースにカスタムしているほど敬愛しているので、昨今の成績不振を得意なQuakeシリーズで挽回してほしいところ。

Vo0
Painkiller最強プレーヤーと断言してもいいほどの実績をもつVo0はQuake3でもかなりの実力者。
ムービーの『CPMA Done by Vo0』をみれば、Quake3の腕前がどれほどハンパないかがよくわかる。

CZM
知的かつ技巧派的な印象。現在もQuake3をメインにプレーを続けている。
CZMはQuakeに対する知識が非常に豊富であることは彼のcfgを見れば非常によくわかる。
Quake4も研究の限りを尽くして、CPLでは活躍するのではないだろうか。

immortal
PGL Season3で当時無敵のQuakeプレーヤーDennis “Thresh” Fongに土をつけ、一躍有名になったプレーヤー。
その後はQuakeシリーズのプレーを続けた後にCounter-Strikeに転向。
そしていつのまにやらシーンから姿を消してしまったが、今回CPLにエントリー。
潜在能力的には申し分なしだが、久々な登場でどれほど実力を発揮できるのかかなり注目。

もしひいきなプレーヤーなどがいればコメントしていただければと思います:]

情報元 : ukeru.jp

コメント