eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

中国人プロゲーマーが韓国eスポーツ界に参戦?

Gpara.comに韓国のe-Sportsリーグに中国人プレーヤーが参加可能なように、リーグの規約を改定する可能性があるとの記事が掲載されていました。

韓国のリーグは、外国人プレーヤーの参加資格に対して規定があるため、これまでは外国人プレーヤーは参加することができなかったようです。
しかし、規約改定によりSKテレコムT1に所属するスタークラフトプレーヤーのシャ・ズィンチュン(沙俊春・21歳)、ルオ・シアン(羅賢・21歳)の2名が2006年にも韓国のリーグでプレーすることができるかもしれないというものでした。

情報元 : Gpara.com

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
Comments (0)
  1. Avatar JamesB says:

    まず外国人プレイヤーの参加を制限する必要性はなんなのかということですね。CPLなどの国際大会で代表を選出するというのならまだわかる気もしますが、外国人が参加することで運営側にどんな不利益があるんでしょうか。(実際はCPLでもプレイヤーの国籍については特に規制がなかったと思います)

  2. Avatar ホギ says:

    自分たちの国のリーグに他の国の人がどんどん入ってきて上位とか独占されたら組織も観客も不愉快、というレベルじゃないかな、と思う。

    日本のサッカーや野球に外国人枠というものが無く、何人入れてもいいなら、全員外国人でそろえるチームが出てきそうだ。

    http://www.npb.or.jp/cl/communication/qanda/1.html
    ちなみ、日本の野球ではこんなルールがあったり。