eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

CPL World TourでTFT液晶モニタを採用

CPL World Tour
CPLの創設者であるAngel Munoz氏が、CPLのフォーラムにて、CPL World TourでTFT液晶モニタを採用することを決定したと発表しています。
採用されるのはBenQ社の『FP93GX』という製品です。

BenQ FP93GX 19スペック

  • Monitor Type – Flat Panel LCD TFT (Active Matrix)
  • Size – 19″
  • Contrast Ratio – 700:1
  • Aspect Ratio – 5:4 (Regular)
  • Max. Resolution – 1280 x 1024
  • Brightness – 300 cd/m2
  • Response Time – 2 ms
  • Dot Pitch – .294 mm
  • Color Depth – 24-bit (16.7M Colors)
  • Viewable Picture Size – 19 in.

このモニタでUltra High QualityモードでQuake4をプレーしても、残像などが一切なくプレーできることが実証されているそうです。

情報元 : CPL Forums | ESR | BenQ FP93GX

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
Comments (0)
  1. Avatar 920 says:

    応答速度2msってのはすごいですが、リフレッシュレートが最大76Hzってのがアレですかね。
    まぁ全選手同じモニターなら問題ないかな?

  2. Avatar sminamijp says:

    Q4のエンジン仕様上 FPSは 60fpsというリミット(マジックナンバー)があるので、リフレッシュレートが 76hzでも 60hzでも問題ないと思うのは、私の勘違いでしょうか。

  3. Avatar ホギ says:

    これはQuake4のみの試験的な採用だろうか。
    ツアー内でQとCSで違うモニタをつかっていくのはヘンテコな気がする。

  4. Avatar jol says:

    「Q4で実証された」としてもほかのゲーム、そして参加するプレーヤーがどう感じるかが問題な気がします。
     こういったハードの変更の時には勝手に変更するんじゃなくて、選手にアンケートをしてみたり、液晶とCRTが選択できるようにしてはどうなんだろうと思います。(予算がアレですかね)

  5. Avatar million says:

    割とアレな液晶使ってますが
    三日で慣れました

  6. Avatar JamesB says:

    FP93GXはGray-to-Grayが2msという驚異的な応答速度を備えていますが、
    搭載パネルが視野角の狭いTNパネルということです。
    視野角が狭くてもゲーム専用としてはあまり問題ないかと思います。

    パネルの種類についてはこちらなんかを。http://plusd.itmedia.co.jp/pcupdate/articles/0510/07/news002.html

  7. Avatar the a.o.w. says:

    液晶モニタについてですが、液晶のパネルは60Hz駆動なので
    リフレッシュレートを60Hz以上にしていても必ず画面は秒60回の書き換えになります。
    CRTとは動作原理が違うのでリフレッシュレートのことは気にしなくてOKですよ。