韓国の議員がe-Sports大会開催で5億ウォンの協賛金を要求

韓国の国会議員がe-Sportsイベント開催でゲーム会社に5億ウォンの協賛金を要求したとして、韓国で問題となっているそうです。

ゲーム会社に協賛金を要求したとされるのは、「eスポーツ&ゲーム産業発展に向けた国会議員の会」の会長をつとめる議員とのこと。
「大統領杯大韓民国eスポーツ祭典(仮称)」というe-Sportsイペントの正式種目としてゲームを採用する代わりに、5億ウォンの協賛金を求めたそうです。

この件が問題となり、記者会見を開く事態にまで発展したとのこと。
議員は、「要求したのではなく提案をした」という反論を行なっているとのことでした。

韓国でのe-Sportsの規模の大きさがわかるような話でした。
国会議員までe-Sportsに関わってくるとはすごいですね。

armsさん情報ありがとうございました。

情報元 : donga.com

コメント

Avatar zzz

ある意味うらやましい話だな。
日本じゃ有害な物としか扱われないのに。