eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

DoD:Source、Sourceエンジン、SourceTVアップデート


DoD:Source、Sourceエンジン、SourceTVがアップデートしています。

Day of Defeat: Source, Source Engine and SourceTV Updates Released

Day of Defeat: Source、Source Engine、SourceTVの改善に関するアップデートがリリースされています。
アップデートはあなたのSteamクライアントが再起動されると自動的に適用されます。
変更点は以下の通り。

Day of Defeat: Source

  • bounding boxの外側まで広がるプレーヤーのhitbox検知を改善した
  • プレーヤーが、意図されるよりかなり遠くからエリアを制圧することができたのを修正
  • プレーヤーがボムを設置してチームをスイッチし、ボムを爆発させ誤ったチームにポイントが与えることができたバグを修正
  • ナイフがインパクトするときのベルサウンドの再生を修正
  • スモークグレネードが展開されている間にそれを拾った場合にプレーヤーがtnt view modelにスイッチしていたのを修正
  • 様々なマップのバグを修正
  • プレーヤーの人数を表示するminimap cap areasを修正
  • ユーザーがクライアントコマンドによってサーバーをクラッシュさせることができたケースを修正
  • dod_Jagdがmp_timelimit、changelevelsに反応しなかった問題を修正
  • グレネードが遠くに飛びすぎてしまうのを修正
  • logging eventsであるkill_planterとkill_defuserが不正なデータを表示していたのを修正
  • configに様々なcvarsが保存されなかったのを修正 ( death effects options, hud_centerid )
  • プレーヤーが弾薬を全て使い切ったときのアニメーションの問題を修正
  • ラウンドがリスタートされたときに、解除を行っていた場合にspawnポイントにプレーヤーがstuckしてしまうバグを修正

Source Engine

  • デモファイルを記録している間のjittery animationsを修正

SourceTV

  • すべてのentitiesを放送する”tv_transmitall”を追加(HLTVのようなもの)
  • rcon向けのコンソールメッセージを修正
  • ラウンドをリスタートしている間にspectator clientがクラッシュするのを修正
  • flicking decalとスモークエフェクトを修正
  • connection retryコマンドを修正
  • recordingとプレーヤーボイスの放送を修正した。”tv_relayvoice 0″で現在はオフにした
  • 誤ったPVS cullingによってentitiesが失われるのを修正

情報元 : steampowered.com

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/