CS:Sourceのアイテム購入価格が変動制に変更

Counter-Strike Weapons Market
Counter-Strike:Sourceのアイテム購入価格が変動制に変更されるそうです。

上記のページで、価格のアルゴリズムや今週の武器価格をみることができます。

価格の決定方法

簡単にまとめると、下記のように武器・装備価格が決定されます。

  • ゲームサーバー内で購入された、武器・装備のデータがSteam中央サーバーに送信される
  • 1週間における購入総額に対する、各武器・装備の購入割合が算出される
  • その割合に対して、翌週の各武器・装備の価格が決定される

より詳しくはアルゴリズムのページを読んでください。

このシステムより、人気のある武器ほど購入価格が高くなり、不人気な武器ほど安く購入できるようになります。
偏った武器の使用などがこれによって改善されることになりそうです。
個人的にかなりおもしろそうなシステムだと思っています。

Valveでは、このシステムについてコミュニティからの意見を募集しています。

情報元 : Counter-Strike Weapons Market

コメント

Avatar ホギ

これ面白そうなんだけど、ベスト+ヘルメットなんて買うのは当たり前だし、大会なんかでは明らかにバランスを崩す材料になりかねないのではないだろうか?大会では○月第○週の価格を使用します、という風に決めないと。

でも野鯖で遊ぶ分には使われない武器が安く買えて、いろいろな武器を試すことができて面白いのかもしれない。

Avatar Arigata

マネーコントロールが難しくなるのでクラン戦には厳しいシステムかもしれない。
ゲームサーバー側の設定でデフォルトの価格を使えるようにもすべきだと思う。

というかむしろserver.cfgで価格を設定できるようにして欲しいんですが。

Avatar Ikimono

BFレーダーといい、CSSはpub仕様にして1.6との差別化を図ってるんだろうね。

Avatar JamesB

適正価格を探すための一時的な処置なんじゃないかなぁ。
試合内で武器価格を変動させるのはありだと思います。が、本来、武器の価格という重要な要素をゲームを超えたスパンで変更してしまうとなると、各ゲームの条件を一定に保てなくなってしまうばかりか、その他の固定された要素(たとえばスタートマネー・賞金・マップや武器性能)のデザインとのバランスが崩れてしまう可能性が高いです。
ということは、マップ別に価格を設定したり、武器の価格に合わせて固定要素を適正にアップデートしない限りは野鯖でもおかしなことなってしまうんじゃないでしょうかね。野鯖と試合とでは求められるバランスも違うのでなおさらです。(あと思ったんですが、高い武器ほど必然的に購入する回数も少なくなるので単純に武器の性能だけが価格に反映されるとは思えないんです。少なくともしばらくの間AWPやG3の値段は下がる気がするんですが、それってどうなんでしょう?)
ますます競技種目としてのゲームから離れていっているといった感じですね。

ただ、なんにせよvalveがシステムに興味を示してくれるだけで満足です。
1.6と同じゲームを作っても重いだけで意味がないでしょうから。

>Feynmanさん
CSSでもplug-inで変更可能だった気がしますが、同感です。
賞金に関してもデフォで弄れるようにしてもらいたいですね。
野鯖ごとにフィードバックして変えたほうが早そうなのに…。

Avatar Ramza

AK47/M4A1/DE/Vest+Helmet
少なくともこの4種の値下がりは無いでしょうね。

Avatar kinnkyuu

そろそろCS:Sにも新しい風を取り入れるべきじゃね?

Avatar ふみお

おもしろそうではあるけどクラン戦ではひたすら微妙としか思えない
1マップ終了ごとに蓄積されたデータをリセット、とかならまだアリだけど微妙

Avatar KT

野鯖に関してはショットガンばっかり使ってるアレな感じとかが無くなるのはいいと思う。

Avatar cute puppy

まあVALVEの人たちは偉いんだから、だまって言われたとおりにしてろや。