eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『Source Engine』アップデート


『Source Engine』がアップデートしています。

Source Engine update released

Source Engineに対するアップデートがリリースされています。
アップデートはあなたのSteamクライアントが再起動されると自動的に適用されます。
変更点は以下の通りです。

Source Engine

  • Garry’s Mod serverstがゲームのリストになかったのを修正
  • クライアントにネットワーク設定を変更させることができないCvarを追加。sv_mincmdrate, sv_maxcmdrate, sv_client_predict, sv_client_interpolate, sv_client_interp, and sv_client_cmdrate_difference
  • cl_restrict_server_commands CVarに対する保護を追加
  • サーバーはクライアントに”play”コマンドの実行を許可するようになった
  • クライアント上においてCvar値のサーバーへの問い合わせを許可するインターフェイスを追加
  • サーバーのログファイルにrconコマンドを実行したマシンのIPアドレスを記録するようにした
  • SourceTVにおけるspectatorリレーを修正
  • cl_cmdbackupを削除した

情報元 : steampowered.com

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/