eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『Source Engine』アップデート


Source Engineに対するアップデートがリリースされています。
アップデートはあなたのSteamクライアントが再起動されると自動的に適用されます。
変更点は以下の通りです。

Source Engine

  • CVarsを制限するのに用いられていたrevertコマンドを削除した
  • ゲーム内のプレーヤーリストでfriendsが利用可能となった
  • Counter-Strike1.6においてBANされたユーザーがGarry’s Modをオンラインでプレーできるようにサーバーブラウザを修正した

情報元 : steampowered.com

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/