e-Sports FPS『Severity』は2008年夏のリリースを予定

Severity
『Dallas Business Journal』のCPL特集記事により、『Cyberathlete Professional League (CPL)』が開発中のPCとコンソールの両方に対応したオリジナルのマルチプレーヤーゲーム『Severity』のリリースが、2008年の夏を予定していることが明らかになりました。

記事の中で、CPLの創設者であるAngel Munozは『Severity』をCPL以外のトーナメントやリーグで使うことを許可するつもりであると語っています。
『Severity』は2007年中にベータ版をリリースすることを目標に開発が進められています。

情報元

コメント

Avatar ホギ

他の大会でも使って良いということで一安心。

あとはどんなゲームに仕上がっていくか、とても楽しみなところ。
コンソール両対応ということでスピードが遅くならないことを祈る。

Avatar Yukari.T

大分先だなぁ
ゆっくり待つことにしましょう。