GotFragが2007年のEスポーツ賞金獲得まとめページをオープン

GotFragが2007年の賞金獲得まとめページをオープンしています。

対象は、Counter-Strike 1.6, Counter-Strike: Source, Warcraft III: TFT, Call of Duty 2の4タイトル。
2007年が始まってから行なわれたEスポーツ大会の賞金額をわかりやすく表にして合計賞金獲得額を算出しています。

各タイトルの賞金獲得トップ3は下記の通りです。

賞金獲得トップ3

Counter-Strike 1.6

  1. Brazil Made in Brazil $20,800
  2. Poland Pentagram $13,000
  3. Denmark NoA $8,667

Counter-Strike: Source

  1. Sweden Volt Gaming $3,467
  2. Finland Logitech.fi $1,733
  3. Germany ALTERNATE aTTaX $867

Warcraft III: TFT

  1. Korea Moon $15,283
  2. Korea ReMinD $13,557
  3. Netherlands Grubby $13,250

Call of Duty 2

  1. Netherlands digitalMind $3,467
  2. United States Pandemic $2,000
  3. Belgium TeK-9 $1,733

この数値は、純粋に獲得賞金額のみの合計で、ハードウェアなどの賞品は金額に含まれていません。
CS1.6では、mibrが2ヶ月で約230万円の賞金を獲得しています。
メンバー5人でこれを割ると、月間の取り分は1人あたり約23万円。
Warcraft3は個人競技なので、Moonは月間で約90万円を獲得していることになります。

契約によっては、チームの取り分が発生してもうちょっと少なくなるもしれませんが。
年間を通して、プロがどのくらいの賞金を獲得したかがわかっておもしろそうです。

全てのランキングは、GotFragを参照してください。

情報元