『World Cyber Games』の競技タイトル追加

World Cyber Games
10月4~7日にアメリカ・シアトルでの開催が予定されているゲームのオリンピック『World Cyber Games』の競技タイトルが追加発表されました。

今回追加されたのは、ビリヤードゲームの『Carom3D』(PC)と、前回開催タイトルから外されたスケボーゲーム『Tony Hawk’s Project 8』(Xbox360)の2タイトルです。
この追加により、下記の12タイトルがWCGの公式競技タイトルとなりました。

WCG2007 公式タイトル

PC

  • Warcraft III: The Frozen Throne (1on1)
  • Starcraft: Brood War (1on1)
  • Half-Life: Counter-Strike (5on5)
  • FIFA Soccer 2007 (1on1)
  • Need for Speed: Carbon (1on1)
  • Command & Conquer 3: Tiberium Wars (1on1)
  • Age of Empires III: The Warchiefs (1on1)
  • Carom3D (1on1)

Console Games:

  • Gears of War (3on3)
  • Dead or Alive: 4 (1on1)
  • Project Gotham Racing 3 (1on1)
  • Tony Hawk’s Project 8 (1on1)

また、WCGではコミュニティからのルールに関する要望や意見を募り始めました。
20日までルールのフィードバックを募集し、今月末までに意見を反映した正式ルールを発表するとのことです。
フィードバックの対象となっているのはPC4タイトル、Xbox360 2タイトルの合計6タイトルです。

情報元

コメント

Avatar JamesB

eSportsといえばスポーツ系でしたけれども、最近は主要なタイトルがことごとく不発に終わってるせいか下火気味ですね…。
ただ、なにごともツカみは大切なので、国内の方に理解してもらうためにはスポーツゲームから知ってもらうってのも悪くはないとは思います。
この前も、「ゲームを競技としてスポーツチックに…」「プロゲーマーが…」「スポンサーが…」と言ってもあまりよくわかっていなさそうだった友人に、「ウイイレの世界大会が…」「これだけの賞金が…」という話をしたら予想通りいい反応が返ってきました。

Avatar Yukari.T

ビリヤードは見てて楽しそうな感じがしますね。
正直FPSは一般受けしないですしね。