eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

Blizzardが『Starcraft2』を発表

Blizzardが韓国で開催されている『Blizzard Worldwide Invitation』にて『Starcraft2』の発表を行いました。

会場で流されたトレイラームービーやゲームのスクリーンショットが公開されています。

ムービー

トレイラームービー

ゲームプレー

Starcraft2には、現実的な物理演算処理が可能な3Dグラフィックスエンジンを使用されており、画面上に高画質なユニットや建物を大量にレンダリングすることが可能となっているとのこと。
システム的には前作を踏襲する形となっており、ここにオリジナル要素が追加されるそうです。

『Starcraft』は世界で950万本を以上を売り上げた人気のRTSタイトル。
韓国ではそのうち400万本以上を売上げ、Starcraft専門のプロゲーマーが誕生するなどすさまじい人気を誇っています。
『Starcraft』はゲームのオリンピックといわれる『World Cyber Games』の公式タイトルとして毎年採用されていますが、今後『Starcraft2』が採用されていく可能性もありそうです。

ただ、2004年に『Counter-Strike:Condition Zero』、2005年に『Counter-Strike:Source』と新作タイトルが選ばれたにもかかわらず、2006年には旧作の『Counter-Strike1.6』が再度採用されたという実例があるので、1と2のどちらがメインストリームになるのかはわかりません。

まあ、そんな話をするにはまだ早いのでしょうが。
さらなる続報に期待したいところです。

情報元

この記事を書いた人
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
SNSでフォローする
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!

コメント (0)
  1. technics より:

    looks a little bit dissapointing 🙁
    i hope itll be better than it looks

    sofar.. sc1 > sc2

  2. ホギ より:

    CSにしろQuakeにしろ大会で使えるかどうかはでてみないとわからないですね。

    Blizzardは裏切らないと思います。

  3. ShinganJ より:

    楽しそう。やりたくなった。

  4. spooky より:

    ゲーム内にハングル文字が出てきますね…
    ローカライズの結果なのかそれとも韓国で開発してるのか…