『Severity』のコンセプトアート&ディスカッションビデオ公開

Escalation Studiosが開発中のFPS『Severity』のコンセプトアートとディスカッションビデオが公開されました。

ダウンロード

ムービーは、CPL Summer eventで行なわれたパネルディスカッションの様子を映像に納めたものです。

コンセプトアートは、『Severity』の世界観が絵画調(?)で描かれています。

『Severity』コンセプトアート

街並みのようですが、右上の方には観戦用のスタンドらしきものが設置されています。
左にあるディスプレイにはPOVのような画面が映し出されているように見えますね。
『Severity』スタンドらしきもの『Severity』モニタ

また、ところどころに銃を持ったキャラクターがいたりします。
『Severity』キャラクタ 1『Severity』キャラクタ 2

さらには、「沖縄沖(一部反転している)」というあやしい日本語が表示されていたり、円楽師匠もしくは松井秀喜選手にみえなくもない謎の看板もみかけられます。
『Severity』沖縄沖(一部反転)『Severity』よくわからない看板

ゲームのスクリーンショットが早く見たいですね。

情報元

コメント

Avatar mego

これが競技場になるんですかね
PS2で発売されそうな大作RPGのイメージボードみたいです
沖縄というのは新しいかも

Avatar sminamijp

どーやったら沖縄が反転するんだ。
文字としても、絵としても認識できないのか。タワケ(゚Д゚ )

Avatar JamesB

あんまりよくわかりませんでしたが、競技向けなゲームモードを考えているのはいいけども、肝心の新システムにはあまり触れられてないような。最大公約数的になりすぎて方向性がよくわからないです。
やっぱりそういうことはこれからのフィードバックで随時考えていくっていうことなんですかね。商品としての完成を考えなくてもいいぶん、開発はじっくりできそうですが。