eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『Enemy Territory: QUAKE Wars』バージョン1.1にアップデート

Enemy Territory: QUAKE Wars
『Enemy Territory: QUAKE Wars』のクライアントがバージョン1.1にアップデートされました。

変更点

  • Linuxクライアントの互換性がアップデート
  • いくつかのグラフィックカードにおいてsoft particlesのパフォーマンス低下を改善
  • 近くにスポーンした乗り物を破壊することで経験値を得られる仕様を削除
  • GDF Titan Tankのボットコントロールを改善
  • dedicated LAN serverの管理者がマップチェンジでデフォルトグループに戻るのを修正
  • プレーヤーがミッションを変更できないのを修正
  • サーバーランチャーは、ゲームモードが変更されているときにマップローテーションをクリアするようになった
  • ローカライズされたクライアントが、同じPC上でliteサーバーをスタートした場合にローカライズされていない状態になってしまうのを修正
  • MegaTextures用のimage pure check(アンチチート)が失敗になってしまうのを修正

ヨーロッパでは、『Enemy Territory QUAKE Wars』が発売となるため、それに合わせてのアップデートとなったようです。
アップデートは、ゲーム内オプションの『Check for Updates』をクリックすることで適用されます。
また、以下からダウンロードすることもできます。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/