eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『Level-R』がプロ契約制度を採用 賞金付き大会を開催

Level-R Series 2007 Professional League

ゲームポットが、オンラインレースゲーム『Level-R』にプロ契約制度を導入した賞金付き大会『Level-R Series 2007 Professional League』の開催を発表しました。

プロ契約の特典

  • イベントでの賞金獲得権
  • イベント参加権利を獲得した場合の渡航費補助金
  • ゲーム内競技車両提供
  • Level-Rにおけるプロモーション活動への参加(自由参加)。

※今後1年間にLevel-Rでレースイベントが行われた場合という条件付き

プロ契約までの流れ

予選を勝ち抜いた8名がプレーオフに参加する。
ここから決勝に進出した4名にプロ契約の権利が与えられます。
プロ契約をすることで、上に記した権利を得ることができます。
契約によって、賞金・賞品が異なります。

  プロ契約者 アマチュア
優勝 1,000,000円 ハンドルコントローラー Thrustmaster社製
RGT Force Feedback Pro Clutch Pedal Edi
準優勝 200,000円 ゲームパッド ロジクール社製
GPX-500BL+Level-RオリジナルUSBメモリー
3位 40,000円 Level-R オリジナルUSBメモリー

本日から予選となるLeg2が行なわれる予定です。
来月には、プロゲーマーが誕生することになります。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!

Comments (0)
  1. Avatar ホギ says:

    ゲーム運営側がプロゲーマー制度を導入したりプロトーナメントを設立したりするのは、ユーザーが大会を作ったりすることを抑制するのではないのかなぁ。

    あまりにも運営が公式イベントを開催しないゲームもどうかと思いますが。

  2. Avatar nyu says:

    こういう取り組みが行われるのは、いい流れですね。

    ただ、聞いたこともないゲームが、急に、しかも100万という高額を優勝者に出すという行為は、お金でユーザを釣ろうとしているようにしか見えません。

    ゲームがe-sportsになり得るそれなりの仕組みを、お金以外にも用意しているのか見ものですね。