eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『QUAKE LIVE Beta Program』参加申し込み開始

QUAKE LIVE
『QUAKE LIVE Beta Program』の申し込みが開始されています。

QUAKE LIVE、Quake Zero

情報元の記事毎に名称が異なるのですが、『QUAKE LIVE』というポータルサイトで提供するのが『Quake Zero』ということなのかな…。ロゴは『QUAKE LIVE』なのでこちらが正式な名称になるのかもしれません。

QUAKE LIVE は、id Software とIGA Worldwide が提携して展開していく予定です。
IGA Worldwide が提供する『QUAKE LIVE』ポータルでゲームのクライアントが配布され、プレーヤーはこのクライアントをダウンロードして、ゲームをプレーすることになります。

また、ポータルでは、フレンド機能、マッチメイク機能、スポンサーイベント、トーナメント機能、成績機能といったものが提供される予定で、これらは Web ベースで利用可能になるそうです。

なお、ゲームやポータルの機能は無料で提供されます。

ベータテスト

ベータテストに申し込むためには、公式サイトにあるフォームにメールアドレスを入力すれば OK です。
テスターとなった場合は、ゲームと Web にアクセスすることができるようになり、ゲームのテストを行ない、バグの報告や提案などを行なっていくことになります。

また、情報元にはゲームのスクリーンショットが掲載されていました。
これはまさに Quake3 ですね。クリックすると情報元の大きな画像に飛びます。

QUAKE LIVEQUAKE LIVE

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!

Comments (0)
  1. Avatar mego says:

    無料でマッチング機能があれば、上級者で無くても
    楽しめるQuakeになりそう。
    グラフィックは十分すぎるほど綺麗ですね。

  2. Avatar ホギ says:

    RTSやコンシューマFPSではマッチング機能は当然のようについていたのだけど、ようやくパソコンFPSでもつく様になりましたか。

    特に1on1志向が強いスポーツ系FPSでは自分と同程度のプレイヤーと戦いたいという意見が強いし、初心者サポートの観点からでも、このようなマッチング機能の搭載はもっと早く搭載させるべきだったのではないのかなと思う(もちろんプレイ人口やPingのことを考えて今まで搭載していなかったということもあるけど)。

  3. Avatar spooky says:

    純粋に人が増える大きな要因にもなるので無料化は嬉しいですね。
    キーを二つも持ってる自分には直接的な利益はないですけど:P

  4. Avatar nasa says:

    名前はQuake Liveに変更されたみたいですね。

    SAみたいに提供された鯖でしかプレイできないとか・・・ないよね・・・?

  5. Avatar きんつ says:

    とにかくQUAKEは敷居が高くなりすぎた感じがするので、
    こういったのは嬉しいですね。