『Championship Gaming Series 2008』参加プレーヤーのサラリー

Championship Gaming Series
Gameriot に『Championship Gaming Series 2008』参加プレーヤーのサラリーに関する記事が掲載されていました。

CGS North American に参加する各チームは、『Franchised Player』『Protected Players』『Drafted Players』といった 3種類のプレーヤーで構成されます。
そのうちの Franchised Player はすでに発表されており以下のようになっています。

Franchised Player

  • San Francisco Optx – Vaneesa “Vanessa” Artega (DoA4)
  • Chicago Chimera – Jeremy “BlackMamba” Florence (DoA4)
  • Los Angeles compLexity – Danny “fRoD” Montaner (CS:Source)
  • Carolina Core – Ryan “Offbeat Ninja” Ward (DoA4)
  • New York 3D – Matt “Wizakor” Wood – (FIFA ’08)
  • Dallas Venom – Emmanuel “Master” Rodriguez (DoA4)

各チームのゼネラルマネージャーは、3月9日に行われるドラフトの前日に 4名の Protected Players を選択します。
その後、ドラフトで獲得した5名を加えた 10 名が 1 チームとなり、2008年のシーズンを行っていくことになります。

参加プレーヤーのサラリー

Franchised Players (1チーム1名)

  • シーズン中: 月給 $3,500 (約37万5,000円, $1=107.33円)
  • オフシーズン: 月給 $1,000 (約10万7,000円)
  • 合計: $31,000 (約330万円)

Protected Players (1チーム4名)

  • シーズン中: 月給 $2,750 (約29万5,000円)
  • オフシーズン: 月給 $750 (約8万円)
  • 合計: $24,000 (約257万円)

Drafted Players (1チーム5名)

  • シーズン中: 月給 $2,500 (約26万8,000円)
  • オフシーズン: 月給 $500 (約5万3,000円)
  • 合計: $20,000 (約214万円)

最低でも上記の金額は補償されます。生活する分には困らない金額ですね。トレーニング漬けの生活がおくれそうです。
ここに、成績によって賞金が上乗せされることになります。
昨年は、どのプレーヤーも一律 $30,000を支給されていたので、今年は待遇によってサラリーが変わっています。

契約は 2009年のNorth American seasonが始まるまでの16ヶ月間となるそうです。

情報元

コメント

Avatar ENZA

いいなぁ。。飯が食えない日々に飽きてきました