eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『ダーマポイント』最新キーボード・ヘッドセットを発表

シグマA・P・Oシステム販売株式会社が展開するゲーミングデバイス・ブランド『ダーマポイント』より、ゲーミングキーボード『ダーマタクティカルキーボード』と『ダーマタクティカルヘッドセット』が発売されることが発表となりました。

ダーマタクティカルキーボード

ダーマタクティカルキーボード
『ダーマタクティカルキーボード』は、テンキーレスでキー数91のコンパクトなキーボードで、キーには電極が接することなく一定レベルに近づけば回路が接続され、キー押下を認識する静電容量無接点方式を採用しています。
本体背面のスイッチでキー入れ替えが可能な機能や(Ctrl→CapsLock、ESC→半角/全角)、Windows キーなど特定のキーを無効化するためのキーストッパーが付属しています。

デザインについては、東プレの『Realforce91UBK』に似ています。
製品コードが『DRTCKB91UBK』と似ている事や製品スペック(pdf)から、OEM製品であることが推測できますがどうでしょうか?(違っていたらすいません)。

ダーマタクティカルキーボードRealforce91UBK

左:ダーマタクティカルキーボード 右:Realforce91UBK

発売価格は、22,800 円で 2008年5月23日(金) の発売が予定されています。

ダーマタクティカルヘッドセット

『ダーマタクティカルヘッドセット』は、大型ソフトイヤーパッドを採用した折りたたみ可能なヘッドセット。
大型イヤーパッドを採用することで音漏れを防ぐ他、密閉度が高いアルミ製ハウジングを使用することでマイクから音声を拾いループバックしてしまうことを防ぐ仕組みになっているそうです。
マイクのケーブルにはリモコンが搭載されており、手元で音量の調整をすることが可能となっています。
このケーブルコードをリモコンが付いていないものと取り替えることにより、ヘッドフォントとして使用することもできるそうです。

自分が以前使用していた、SONY の『MDR-CD900ST』 というヘッドフォンにマイクがプラスされているような印象を受けました。
一度使い勝手をためしてみたい一品です。

ダーマタクティカルヘッドセットダーマタクティカルヘッドセット

こちらの価格は、8,800円で発売日は『ダーマタクティカルキーボード』と同じく 2008年5月23日(金)が予定されています。

『DHARMAPOINT』店頭デモ イベント

今週末の5月4日(日)、5日(月)に、東京・秋葉原の『T・ZONE PC DIY SHOP』にて『DHARMAPOINT』ブランド製品の店頭デモ イベントが実施されるそうです。

時間は、11~19時までで、上記の新製品が登場するかもしれないとのこと。
ゴールデンウィークに秋葉原に遊びに行く予定がある人は、会場に足を運んでみてはいかがでしょうか。

BRZRKさん、Soyokazeさん情報ありがとうございました。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!

Comments (0)
  1. Avatar mego says:

    確かにこれはRealforceそのもの。
    でも、この価格は一体なんですの。

  2. Avatar みやは~ says:

    91UBKの機能+89UBKのカスタマイズ性能+キーストッパーと考えればこの値段が妥当に見えてくるのが恐ろしい

  3. Avatar TraPAPA says:

    既にRealforceを使っている人には、
    売り込むのが難しいでしょうなあ・・・
    手元にRealforceありますが、写真だけでも
    ウリ二つに見えます。

  4. Avatar PTN-XC says:

    91じゃなくて89がほしい

  5. Avatar hogehige says:

    キーの押下特性が全キー30gになっているのに魅力を見出せるかどうかがポイントでしょうか。

    オリジナルのRealforceは配置にあわせて30g~55gになるよう調整されていますのでゲーマー的に気になる人はいるかもしれません。

  6. Avatar JamesB says:

    全キー30gというのはたしかに魅力だと思います。
    やはり内側と外側では重さというか反応速度が違う気がしますし、これのせいで初めて触るときは違和感を生ずることもあるかもしれなので。

    (ただ気持ち的には"RealForce"のロゴがついてれば、もっとよかった。

    そういえば東プレの製品って海外で使われてるんですかね。

  7. Avatar TraPAPA says:

    秋葉原T-ZONE行ってきました!
    男性が1名立って案内していました。
    展示されているのはマウスとパット両方、そして隣のPCではマウスの設定を弄れるようになってました。

    ヘッドセットとキーボードについて質問すると実機を出して触らせてくれます。

    >生産は中国
     (大手メーカーが利用している工場なので安心とのこと
    >高音を犠牲にして中低音に注力している
    >専用コードとマイクが一体化している
     (取り外しにはコツが必要なので勝手には外れない
    >展示品は耳当て裏側部がプラスチックになっているが
     実際の商品はロゴ部分の金属と同じ素材になるので
     もっと高級感があるとのこと。
    >イヤーパッド自体は頭頂部の合皮のような素材で
     そう簡単に破れることはなさそう
    >頭頂部は形状記憶しないけど曲がる
     (少し圧力が掛かりますがクッションがあるので
      全く痛くはないです。長時間使用は判りません
    >マイクの根っこの位置はイヤーパッド裏側下部
    >角度調整は柔らかめで軽い
     (勝手に動く事は無い程度
    >マイクアームは柔らかい樹脂のようなもので構成
    >S字に曲げようと思えば確かにできる
    >マイクは無指向性
    >オプションで指向性マイクを販売予定とのこと
    >5月23日発売予定

    キーボードはまんまRealforceでした。
    気持ち、タッチがマイルドかな?という気がしました
    (自分はRealforce106の変動荷重の奴を使ってます

    ヘッドセットの装着感はガッチリしてます。
    頭がかなり大きい人には少し窮屈かもしれません。
    装着しただけで周囲の音が半分以下くらい?になります
    残念ながら音は聞けないとのことでしたので判りません

    色々親切に説明してくれましたよ!

  8. Avatar Ra'am says:

    昔あった金融機関向けのALL45gで出してほしかったですね。