eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『WorldCyberGames2008』日本予選公式サイトオープン

WorldCyberGames2008
WorldCyberGames2008』の日本予選公式サイトがオープンしています。

『WorldCyberGames(WCG)』は、世界74ヶ国から代表選手が参加する非常に大きなイベントで、ゲームのオリンピックとも言われるゲームの祭典です。

決勝大会となる『WorldCyberGames2008 Grand Final』は、2008年11月5日~9日にドイツのケルンにて開催予定で、11月までに世界各国で予選が開催されます。

WorldCyberGames2008 競技タイトル

PC: 9種目

モバイル: 1種目

コンソール: 4種目

WCG2008 の競技タイトルは上記の 14 ゲーム。
日本予選で採用されるタイトルや、開催日程は後日発表されます。
HTML ソースの meta キーワードを見ると『RED STONE』『バーチャファイター 5』が含まれているので、こちらが日本予選の採用タイトルになる可能性が高そうです。

昨年は、アメリカが総合優勝となりましたが今年はどうなるでしょうか?

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!

Comments (0)
  1. Avatar hahaha says:

    日本でもバーチャファイター5より、HALOの方がプレイヤー数が多いと思うんだけどなぁ。
    HALOなしか。

  2. Avatar Mako says:

    うちの店のVF5プレイヤーで、箱版のVF5持ってるの、一人だけ・・・
    レッドストーンが採用されたのは、テクノブラッドが公認店の窓口になっているのと、
    プレイヤー数も多い(?)からでしょう。

    しかし、VF5R前で皆モチベーション下がってるし、
    (下げた原因はセガにも問題があるぞー)
    仕様変更が有るからVF5←→VF5Rのマルチロールは厳しそう。

    どうせなら、本戦はアーケード筐体でやればいいのに。