eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『Half-Life 1 Engine』アップデート Steamworks の機能が追加に


『Half-Life 1 Engine』アップデートが行われ、Steamworks の機能が追加となりました。

Half-Life 1 Engine Update Released

Half-Life 1 エンジンマルチプレーヤーゲーム(Counter-Strike 1.6, Condition Zero, Team Fortress Classic, Deathmatch Classic, Ricochet, Day of Defeat, Half-life 1 Deathmatch)用の新しい Steamworks の機能がリリースされました。

アップデートには、Counter-Strike や Condition Zero をプレーしている時にスコアボードにプレーヤーのアバターが表示される Steamworks の機能や、いくつかのバグ修正が含まれています。
このアップデートにより、全てのゲームサーバーは再起動が必要となります。

Bug Fixes

  • ゲーム中に手動で Steam に対する再ログインや最認証を行う必要があったのを削除した
  • 標準以外のデスクトップ解像度で Windows モードを起動するとクラッシュすることがあるのを修正した
  • Steam Friends においてブロックしているプレーヤーのゲーム内テキストチャットを表示しないようにした
  • 悪意あるスクリプト exploits を防ぐ為に、いくつかのエンジン CVars をロックした
  • Counter-Strike において、sprites ファイルの一貫性を強制するようにした
  • “ex_extrapmax Cvar” を削除した

Server

  • thread affinity の設定を不可にするためのコマンドラインオプション”-noaff”を追加した
  • admin が”writeid”コマンドによって書き込みれたファイルを選択することが出来る”bannedcfg” cvar を追加した

半日ほど前に、今週中にアップデートが実施されるといううわさがあると書きましたが、いきなりの展開で驚きました。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
Comments (0)
  1. Avatar TaEC says:

    さっき軽く野鯖入ってきたんですが
    マップ読み込み後にクラッシュしたりしました。
    鯖の設定が悪かったのかもしれませんが
    もしかしたら
    次のupdateまでお話にならない感じかもしれないですね。

    追記
    steamの名前が日本語だと
    鯖に入れないようです。