韓国ネクソンがゲームハイのゲーム引き受け優先交渉権を獲得

NEXON and GameHi韓国ネクソンは 6 日、ゲームハイとの MOU 締結を通じてゲーム引き受けの優先交渉権を獲得したと発表しました。

これは、株式会社ネクソンの代表カン ・ シンチョル氏と、ゲームハイの代表であるジョン ・ ウンサン氏が明らかにしたことで、この締結により、これからネクソンとゲームハイは具体的な交渉に入るとのこと。

また、ネクソンは 6 日に発行された 70 億ウォン規模の、第 5 回ゲームハイ無保証社債発行にも参加するとのことです。

韓国ネクソンは 3 日にも、『君主 online 』や『アトランティカ』などの MMORPG のデバロッペである Ndoors を買収しており、韓国のゲーム会社としては初の、売上 1 兆ウォン突破の噂が流れていたところでした。

この締結より事実上ゲームハイはネクソンに買収されたことになり、これにより CJ Internet は計画していたサドンアタックの再契約も難しくなりました。

ゲームハイが現在開発しているサドンアタック 2 などの交渉もこれに含まれており、一部では CJ Internet がゲーム事業から撤退するのではないかという噂も流れています。

情報元

シェアする

Twitter Facebook Pocket RSS

コメント (5)

よくわからないけど日本のサドンアタックも運営がNEXONになったり・・・?

SAはどうなるかわかりませんが、SA2はCSOみたいになりそうな予感。

ネクソンとか始まる前から終わる予感しかしない

ネクソンはいろいろな意味で終わってるが
そんなやつにSAって任せられない気がする・・・
また課金がゲームバランス崩壊ものになるのか?

韓国ネクソンのことはよく分かりませんが、
CSOのUIが非常に汚かったことにより、
日本のネクソンのレベルはユーザーに明確に伝わっていると思います。

コメントを投稿

コメントを書くにはログインする必要があります。