Negitaku.org esports > > > 『2011 ASRock Fatal1ty Asia Magic Tour』で来日した Fatal1ty 氏にインタビュー

ニュース

PC・ゲーミングデバイス 『2011 ASRock Fatal1ty Asia Magic Tour』で来日した Fatal1ty 氏にインタビュー

Johnathan
Fatal1ty 氏
東京・秋葉原にて開催された『2011 ASRock Fatal1ty Asia Magic Tour』に登場したプロゲーマー United States Johnathan "Fatal1ty" Wendel 氏にインタビューを行いました。

イベントを全て見ることは出来なかったのですが、終盤の写真を撮ることが出来たので記事の最後の方にて簡単な説明と共に掲載します。

Fatal1ty 氏インタビュー

Fatal1ty P67 Motherboard』には『Fatal1ty Mouse Port』という他のマザーボードにはないユニークな機能が搭載されています。この機能を実装した理由は?

Fatal1ty 氏: 最初に ASROCK からゲーマー用のマザーボードを作るという話が来た時に、マウスのポーリングレートをオーバークロックするという機能に着目したためです。

マウスのポーリングレートをオーバークロックして変更することで、快適にマウスを使用することが可能となります。
いままではポーリングレートの変更に対応していないマウスをオーバークロックするには煩わしい作業が必要でしたが、この機能によって初心者でも簡単にポーリングレートの変更が可能になります。

このような機能をエンドユーザーのみなさんにお届けし、快適にプレーして頂きたいと思ったのがこの機能を実装した理由です。

マウスのポーリングレートと言えば、以前 Fatal1ty さんは自身のブログで『Mouse Sensitivity』というエントリを書かれていました。この中で光学式マウスを 500hz で使用することをお勧めされていました。これはなぜでしょうか?

Fatal1ty 氏: いろいろな設定を試してデータを取った結果、光学式マウスを 500hz で使った時が 4% の命中率増加となりました。
私には、500hz が最適な設定なのです。
これらの体感と実績を通じて、500hz の設定をおすすめしました。

Fatal1ty ブランドには今回のマザーボードを含め、様々な製品があります。個人的に初めて手にしたゲーミングマウスパッドが『FatPad』でした。以前は Fatal1ty.com で販売されていましたが、もうどこでも見かけなくなりました。再販もしくは新しい FatPad をリリースする計画はありますか?

Fatal1ty 氏: FatPad を使っていただいてありがとうございます。FatPad を販売していたのは 2003 年くらいまでだと記憶しています。
実際に新しい FatPad を作って販売すること自体は、パートナーさえいればそんなに難しい事ではないと思います。

現在は、今回のマザーボード、その他に電源、サウンドカード、メモリ、ヘッドセット、PC ケースなどのハードウェアにて Fatal1ty ブランドを展開することに注力しています。

もし、実現出来るのであればまた自分自身でマウスパッドを設計し、新しい FatPad を作りたいですね。もちろん、マウス、マウスパッド、キーボードという基本的なゲーミングデバイスも再び手がけたいと思っています。
実現するには、共同でしっかりとしたマーケティングが出来るメーカーを探す事が必要になるでしょう。

以前、Fatal1ty さんがポーカーでの活動を開始し、World Series of Poker の出場を目指すというインタビューを読んで衝撃をうけました。こちらの活動も続けているのでしょうか?

Fatal1ty 氏: 現在も Full Tilt Poker からのスポンサードを受けていますが、これは私のメインストリームではありません。
私のメインフォーカスはゲーミングです。
ゲーミングを世に広め、多くの人に認知してもらうための活動をしています。
ただ、ポーカーの活動も辞めたわけではなく、継続していますよ。

ゲーミングの活動については、Championship Gaming Series のスポークスマンに就任した際のインタビューで、「ゲーミングを次のレベル引き上げ、真のスポーツとすること」という回答をされていました。一般のゲーマーが Fatal1ty さんのこの目標に協力するために出来る活動は何かあるでしょうか?

Fatal1ty 氏: 一般の方でこれができるかというと難しい事もあるかと思いますが、例えば本日のイベントのように私の露出の機会を与えて頂く、ということでしょうか。
イベントを通じて、私はメディアのみなさんにゲーミングの素晴らしさについて語る事ができます。そして、それを多くの人が目にしてくれるでしょう。

これを実現するためには、みなさんがコメントをしてくださったりリクエストをいただく事が重要です。
ブログや Facebook に集まったこれらの小さなコメントが大きなものとなり、メーカーやメディアなどが興味を示すことにつながります。
みなさんのそのような小さな活動が、結果として業界を動かす事になると信じています。

----

他にも質問をいろいろと用意していたのですが、他のメディアさんの取材もたくさん入っており時間の関係で途中で終了となってしまいました。
Fatal1ty さんありがとうございました。

また、今回インタビューの機会を作って下さったマスタードシードの高橋さんにも感謝いたします。

イベントの様子

イベントの様子を簡単に紹介。
13時すぎに会場でウォーミングアップをする Fatal1ty氏。

Fatal1ty氏 右側から
右側から。真剣です。

Fatal1ty氏 後ろから
後ろから。本気です。

Fatal1ty氏 左から
左側から。ガチです。

設定やウォーミングアップの仕上がりにはかなりこだわっていました。
個人的には大会ではなくイベントなので簡単に済ませてしまうのかと思っていましたが、一切妥協しないプロの姿勢を見た気がしました。

Fatal1ty氏の使用デバイス
Fatal1ty 氏の使用デバイス。
Fatal1ty 氏が席を離れた瞬間に自分を含めカメラを持った人たちが群がってきました。

Fatal1ty氏の使用したPC
Fatal1ty 氏が使用していたPC。もちろん『Fatal1ty P67 Motherboard』搭載。

ASROCK 製品
会場には ASROCK 製品がズラリと展示されていました。

ウォーミングアップの後に予定していたインタビューがスケジュールの関係でイベント終了後になってしまったので一回会場を後に。
一仕事終えて戻ってくるとゲストプレーヤーの nasa 選手や fumio 選手らが公開処刑された後でした。

PoNz 選手
到着した時には PoNz 選手が対戦中。

マシンのトラブルがあり設定等がほとんど変更できなかったとのこと。
これでプロに勝つのはさすがに無理でみんな敗退してしまいました。

田原プロ
PoNz 選手が公開処刑されている頃、田原プロこと uNleashed 選手はファンの方にサインをしていました。

参加選手
Fatal1ty 選手、4人抜きです。対戦イベントに参加した選手と記念撮影。

抽選会
そしてイベントは抽選会へ。じゃんけん大会の勝者は『Fatal1ty P67 Motherboard』をゲットすることが出来ます。

じゃんけん大会
盛り上がるじゃんけん大会。
写真を撮るのに夢中でじゃんけんに参加するの忘れていました。

じゃんけん大会勝者
優勝者は台湾出身の女性でした。おめでとうございます。

この後は、写真撮影やサイン会が行われてイベントは終了となりました。
メディアの方がたくさん参加されていた他、4gamerのライター fumio さんがいろいろと取材されていたので各媒体でのレポートも後ほどチェックしてみてください。

情報元

関連ニュース

著者紹介

Yossy

Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

http://twitter.com/YossyFPS
http://www.negitaku.net/
http://steamcommunity.com/id/Yossy

スポンサードリンク

コメント (14)

yossyさん質問してくださってありがとうございます!!

お疲れ様です!
Fata1ityはいつまでも若く見えるなぁ

公開れいぽみたかったww

うわ今日秋葉原行ったのにー

なぜ俺

なんで学生が行きにくい平日にしたんだよ。バカか。

Fatal1tyマウスコネクタを外付けで販売してほしいです

インタビューお疲れ様でした。公開処刑...ひぎぃ。

さいんほしかった・・・

平日の開催は、ツアー日程上やむを得ないことですね。
Fatal1ty公式ウェブサイトにて、ツアー日程が公表されています。
http://www.fatal1ty.com/fatal1ty-tour-through-asia-and-europe

Here is the Tour Schedule as of right now:
January 18, Korea
January 21, Japan
January 23, Taiwan
January 25, Thailand

Current schedule for the Europe tour:
February 8, Holland
February 12, Germany
February 14, Poland
February 18, Russia

Back to Asia:
February 20, Hong Kong
February 24, Shanghai
February 26, Gongshouz

Back to Europe:
March 1 thru 5 attend CeBIT (details for CeBIT to follow)

キャーノブシェンコサーン

相棒のベアは何処や

TeamFulltiltにいるのかと思った

nasaさんにWrwでフルボッコされたのを思い出した。

コメントを投稿

コメントを書くにはログインする必要があります。

記事関連情報

RSSを登録
最近書かれたニュース
前後の記事 最新記事
注目ニュースランキング

アクセスの多いニュースをランキング形式で表示。24時間で自動更新されます。

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

注目ニュースランキング